煤竹の菓子切 | 5本セット

在庫状況 在庫 7 個
販売価格
1,944円
購入数

竹(煤竹) 国内古材

 

長さ:13.5cm 

 

煤竹の色味美しい菓子切

古材煤竹の菓子切5本セット

和菓子をいただくときなどに使う菓子切。別名、黒文字、楊枝とも呼ばれます。

菓子切りは茶道の道具として知られますが、繰り返し使える楊枝のような感覚で、普段の生活の中でお使い頂きたいです。来客時やお茶の時間、食後の果物などにもおすすめです。

茶道具としてというよりも、竹の素材から出発して考えた菓子切りです。素材の特性から、シンプルでシャープな形、その中にも古材の竹の温かみと口当たりの柔らかさがあり、普段使いの道具としても使い心地良い仕上がりだと思います。

菓子切りというとお茶の世界に近いので、高級木材を使ったり、漆や金箔がデザインとして入るものも多いようです。シンプルなさり気ない佇まいのものはなかなか出会えません。主役ではないですが、あると重宝する道具。来客時も、ご自身で召し上がる際にも器と食が映えてきます。

使い捨ての楊枝でなく、愛着のもてる菓子切りを使ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたお茶や食事の時間もより楽しくなります。

古材煤竹の菓子切長さイメージ

素材は、茅葺き屋根の天井裏に使われていた竹が長い年月囲炉裏の煙に燻されて出来た本煤竹。新しく竹からとれる材料ではなく、日本家屋の古材から取れるもの。大変貴重な素材で、限りある材料です。そのため、斑や色の濃さに個体差があります。

拭き漆など仕上げ塗装はしていません。洗って繰り返しお使いいただけますが、洗った後はすぐに拭いて水分を取ることをおすすめします。

 

<刃の向きについて>
刃の向きについてのご質問をいただくことがありますが、写真の通りの仕様(刃の向き)に決めて製作をしています。

茶道の流派等により刃の削る向きと、使用時の表裏等、場合によっては合わないケースがあるようですが、そのような場合は予め確認の上ご検討くださいませ。

本製品は、竹の素材の特性を踏まえ、切るだけでなく刺しても使えること、竹の内外側で異なる皮面の強度などを考えた上で、基本的には日常使いを想定して製作しています。

<刃の形状について>
天然素材である竹、かつ、古材を材料に削って刃を作るため、竹の繊維や状態により、割れや欠けが生じないよう、刃の形状を職人が調整しながら製作しています。

そのため、刃の形などはばらつきがあります。予めご了承の上、ご注文いただけますようお願い致します。

お手入れ
長時間、水に浸け置くことはお避けください。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
斑や色の濃さに個体差があります。ご希望がございましたら、「薄い色」「濃い色」などご注文時に備考欄にて指定ください。在庫の中から近いものをお選びします。

-

竹(煤竹) 国内古材

 

長さ:13.5cm 

 

煤竹の色味美しい菓子切

古材煤竹の菓子切5本セット

和菓子をいただくときなどに使う菓子切。別名、黒文字、楊枝とも呼ばれます。

菓子切りは茶道の道具として知られますが、繰り返し使える楊枝のような感覚で、普段の生活の中でお使い頂きたいです。来客時やお茶の時間、食後の果物などにもおすすめです。

茶道具としてというよりも、竹の素材から出発して考えた菓子切りです。素材の特性から、シンプルでシャープな形、その中にも古材の竹の温かみと口当たりの柔らかさがあり、普段使いの道具としても使い心地良い仕上がりだと思います。

菓子切りというとお茶の世界に近いので、高級木材を使ったり、漆や金箔がデザインとして入るものも多いようです。シンプルなさり気ない佇まいのものはなかなか出会えません。主役ではないですが、あると重宝する道具。来客時も、ご自身で召し上がる際にも器と食が映えてきます。

使い捨ての楊枝でなく、愛着のもてる菓子切りを使ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたお茶や食事の時間もより楽しくなります。

古材煤竹の菓子切長さイメージ

素材は、茅葺き屋根の天井裏に使われていた竹が長い年月囲炉裏の煙に燻されて出来た本煤竹。新しく竹からとれる材料ではなく、日本家屋の古材から取れるもの。大変貴重な素材で、限りある材料です。そのため、斑や色の濃さに個体差があります。

拭き漆など仕上げ塗装はしていません。洗って繰り返しお使いいただけますが、洗った後はすぐに拭いて水分を取ることをおすすめします。

 

<刃の向きについて>
刃の向きについてのご質問をいただくことがありますが、写真の通りの仕様(刃の向き)に決めて製作をしています。

茶道の流派等により刃の削る向きと、使用時の表裏等、場合によっては合わないケースがあるようですが、そのような場合は予め確認の上ご検討くださいませ。

本製品は、竹の素材の特性を踏まえ、切るだけでなく刺しても使えること、竹の内外側で異なる皮面の強度などを考えた上で、基本的には日常使いを想定して製作しています。

<刃の形状について>
天然素材である竹、かつ、古材を材料に削って刃を作るため、竹の繊維や状態により、割れや欠けが生じないよう、刃の形状を職人が調整しながら製作しています。

そのため、刃の形などはばらつきがあります。予めご了承の上、ご注文いただけますようお願い致します。

お手入れ
長時間、水に浸け置くことはお避けください。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
斑や色の濃さに個体差があります。ご希望がございましたら、「薄い色」「濃い色」などご注文時に備考欄にて指定ください。在庫の中から近いものをお選びします。

STORY

竹(煤竹) 国内古材

 

長さ:13.5cm 

 

煤竹の色味美しい菓子切

古材煤竹の菓子切5本セット

和菓子をいただくときなどに使う菓子切。別名、黒文字、楊枝とも呼ばれます。

菓子切りは茶道の道具として知られますが、繰り返し使える楊枝のような感覚で、普段の生活の中でお使い頂きたいです。来客時やお茶の時間、食後の果物などにもおすすめです。

茶道具としてというよりも、竹の素材から出発して考えた菓子切りです。素材の特性から、シンプルでシャープな形、その中にも古材の竹の温かみと口当たりの柔らかさがあり、普段使いの道具としても使い心地良い仕上がりだと思います。

菓子切りというとお茶の世界に近いので、高級木材を使ったり、漆や金箔がデザインとして入るものも多いようです。シンプルなさり気ない佇まいのものはなかなか出会えません。主役ではないですが、あると重宝する道具。来客時も、ご自身で召し上がる際にも器と食が映えてきます。

使い捨ての楊枝でなく、愛着のもてる菓子切りを使ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたお茶や食事の時間もより楽しくなります。

古材煤竹の菓子切長さイメージ

素材は、茅葺き屋根の天井裏に使われていた竹が長い年月囲炉裏の煙に燻されて出来た本煤竹。新しく竹からとれる材料ではなく、日本家屋の古材から取れるもの。大変貴重な素材で、限りある材料です。そのため、斑や色の濃さに個体差があります。

拭き漆など仕上げ塗装はしていません。洗って繰り返しお使いいただけますが、洗った後はすぐに拭いて水分を取ることをおすすめします。

 

<刃の向きについて>
刃の向きについてのご質問をいただくことがありますが、写真の通りの仕様(刃の向き)に決めて製作をしています。

茶道の流派等により刃の削る向きと、使用時の表裏等、場合によっては合わないケースがあるようですが、そのような場合は予め確認の上ご検討くださいませ。

本製品は、竹の素材の特性を踏まえ、切るだけでなく刺しても使えること、竹の内外側で異なる皮面の強度などを考えた上で、基本的には日常使いを想定して製作しています。

<刃の形状について>
天然素材である竹、かつ、古材を材料に削って刃を作るため、竹の繊維や状態により、割れや欠けが生じないよう、刃の形状を職人が調整しながら製作しています。

そのため、刃の形などはばらつきがあります。予めご了承の上、ご注文いただけますようお願い致します。

お手入れ
長時間、水に浸け置くことはお避けください。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
斑や色の濃さに個体差があります。ご希望がございましたら、「薄い色」「濃い色」などご注文時に備考欄にて指定ください。在庫の中から近いものをお選びします。

竹(煤竹) 国内古材

 

長さ:13.5cm 

 

煤竹の色味美しい菓子切

古材煤竹の菓子切5本セット

和菓子をいただくときなどに使う菓子切。別名、黒文字、楊枝とも呼ばれます。

菓子切りは茶道の道具として知られますが、繰り返し使える楊枝のような感覚で、普段の生活の中でお使い頂きたいです。来客時やお茶の時間、食後の果物などにもおすすめです。

茶道具としてというよりも、竹の素材から出発して考えた菓子切りです。素材の特性から、シンプルでシャープな形、その中にも古材の竹の温かみと口当たりの柔らかさがあり、普段使いの道具としても使い心地良い仕上がりだと思います。

菓子切りというとお茶の世界に近いので、高級木材を使ったり、漆や金箔がデザインとして入るものも多いようです。シンプルなさり気ない佇まいのものはなかなか出会えません。主役ではないですが、あると重宝する道具。来客時も、ご自身で召し上がる際にも器と食が映えてきます。

使い捨ての楊枝でなく、愛着のもてる菓子切りを使ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたお茶や食事の時間もより楽しくなります。

古材煤竹の菓子切長さイメージ

素材は、茅葺き屋根の天井裏に使われていた竹が長い年月囲炉裏の煙に燻されて出来た本煤竹。新しく竹からとれる材料ではなく、日本家屋の古材から取れるもの。大変貴重な素材で、限りある材料です。そのため、斑や色の濃さに個体差があります。

拭き漆など仕上げ塗装はしていません。洗って繰り返しお使いいただけますが、洗った後はすぐに拭いて水分を取ることをおすすめします。

 

<刃の向きについて>
刃の向きについてのご質問をいただくことがありますが、写真の通りの仕様(刃の向き)に決めて製作をしています。

茶道の流派等により刃の削る向きと、使用時の表裏等、場合によっては合わないケースがあるようですが、そのような場合は予め確認の上ご検討くださいませ。

本製品は、竹の素材の特性を踏まえ、切るだけでなく刺しても使えること、竹の内外側で異なる皮面の強度などを考えた上で、基本的には日常使いを想定して製作しています。

<刃の形状について>
天然素材である竹、かつ、古材を材料に削って刃を作るため、竹の繊維や状態により、割れや欠けが生じないよう、刃の形状を職人が調整しながら製作しています。

そのため、刃の形などはばらつきがあります。予めご了承の上、ご注文いただけますようお願い致します。

お手入れ
長時間、水に浸け置くことはお避けください。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
斑や色の濃さに個体差があります。ご希望がございましたら、「薄い色」「濃い色」などご注文時に備考欄にて指定ください。在庫の中から近いものをお選びします。

竹(煤竹) 国内古材

 

長さ:13.5cm 

 

煤竹の色味美しい菓子切

古材煤竹の菓子切5本セット

和菓子をいただくときなどに使う菓子切。別名、黒文字、楊枝とも呼ばれます。

菓子切りは茶道の道具として知られますが、繰り返し使える楊枝のような感覚で、普段の生活の中でお使い頂きたいです。来客時やお茶の時間、食後の果物などにもおすすめです。

茶道具としてというよりも、竹の素材から出発して考えた菓子切りです。素材の特性から、シンプルでシャープな形、その中にも古材の竹の温かみと口当たりの柔らかさがあり、普段使いの道具としても使い心地良い仕上がりだと思います。

菓子切りというとお茶の世界に近いので、高級木材を使ったり、漆や金箔がデザインとして入るものも多いようです。シンプルなさり気ない佇まいのものはなかなか出会えません。主役ではないですが、あると重宝する道具。来客時も、ご自身で召し上がる際にも器と食が映えてきます。

使い捨ての楊枝でなく、愛着のもてる菓子切りを使ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたお茶や食事の時間もより楽しくなります。

古材煤竹の菓子切長さイメージ

素材は、茅葺き屋根の天井裏に使われていた竹が長い年月囲炉裏の煙に燻されて出来た本煤竹。新しく竹からとれる材料ではなく、日本家屋の古材から取れるもの。大変貴重な素材で、限りある材料です。そのため、斑や色の濃さに個体差があります。

拭き漆など仕上げ塗装はしていません。洗って繰り返しお使いいただけますが、洗った後はすぐに拭いて水分を取ることをおすすめします。

 

<刃の向きについて>
刃の向きについてのご質問をいただくことがありますが、写真の通りの仕様(刃の向き)に決めて製作をしています。

茶道の流派等により刃の削る向きと、使用時の表裏等、場合によっては合わないケースがあるようですが、そのような場合は予め確認の上ご検討くださいませ。

本製品は、竹の素材の特性を踏まえ、切るだけでなく刺しても使えること、竹の内外側で異なる皮面の強度などを考えた上で、基本的には日常使いを想定して製作しています。

<刃の形状について>
天然素材である竹、かつ、古材を材料に削って刃を作るため、竹の繊維や状態により、割れや欠けが生じないよう、刃の形状を職人が調整しながら製作しています。

そのため、刃の形などはばらつきがあります。予めご了承の上、ご注文いただけますようお願い致します。

お手入れ
長時間、水に浸け置くことはお避けください。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
斑や色の濃さに個体差があります。ご希望がございましたら、「薄い色」「濃い色」などご注文時に備考欄にて指定ください。在庫の中から近いものをお選びします。