鍛冶職人の出刃包丁

販売価格
19,980円(税1,480円)
購入数

【包丁】刃:極柔鋼 柄:けやき(木)

全長:29.5cm 刃渡り:15cm 

専用箱入り

 

重厚な出刃包丁は魚だけでなく野菜にも

製作くださっている島田刃物製作所。打ち刃物の包丁ができるまでを動画でまとめています。
【撮影・編集】JAPANMADE

鍛冶職人出刃包丁
http://pint.mn/?pid=97490341

山形打刃物の職人による包丁シリーズ。たがる包丁(ペティナイフ)、文化包丁(三徳包丁)に続く3本目の包丁が完成しました。

名前の通り、家に揃える3本目の包丁。

1本目:文化包丁(三徳包丁) メインで使う包丁

2本目:たがる包丁 果物や野菜の皮むき、チーズや果物に

3本目がこの出刃包丁。出刃包丁と聞くと、「魚を捌く」包丁というイメージが強いと思いますが、それだけではないんです。出刃包丁を作るまでのことも含めてご紹介します。

一番最初に製作したたがる包丁の人気が大変大きく、文化包丁もほしい!というたくさんの声に応えて製作した文化包丁。

人気の理由は、まずはその佇まい。打ち跡を残した刃と、通常は外注品をつけるケースが多い柄までも全て職人に手作りいただいています。和洋どちらとも括れない独特な雰囲気があります。 そして使ってみてわかる抜き刃物との違い。手で持った心地、切れ味の良さを実感いただき、2本揃えられる方がたくさんいらっしゃいました。

キッチンツールのお店ではないですが、こうした素材やものづくりを起点とした道具を通じて「包丁の違い」を実感くださる方も生まれて、職人の島田刃物製作所の島田さんと、「家で使いたい打ち刃物の包丁」を改めて一緒に考えました。そこで考えられたのが、この出刃包丁。一見プロ向けの包丁に思われがちですが、文化包丁と小さな包丁をお持ちの方には、その次におすすめしたい包丁です。

出刃包丁の特徴は、「肉厚で重い」「片刃」ということです。

「肉厚で重い刃」

主に、魚を捌くときに使われます。刃が欠けないよう、肉厚で重い刃になっています。こちらの作品も、魚を下ろすときには十二分に活躍してくれます。魚を捌くときと同じくらい使っていただきたいのが、硬いものを切るとき。とうもろこし、かぼちゃ、栗など、家庭のキッチンでも、文化包丁では足りない食材もあります。食材に適した包丁を使うことで、刃を傷つけずに長く使っていただけます。重みがあるからか、キャベツの千切りも細く美しく切れました。魚に限らず、色々お試しいただけたら嬉しいです。

量産品の包丁は抜き刃物といいます。型で抜いた包丁作りで、コストが抑えられる大量生産方式です。一方、打ち刃物はいわゆる鍛冶屋の仕事で、一点一点鋼を打ち鍛え、成形する打刃物です。もともとは農具や武具(日本刀)を作る製法と同じで、山形では650年もの歴史を持ちます。

鋼を鍛接(たんせつ)し、高温に熱して打ち叩き、鍛えます。常温の状態でも打ち叩き、鍛造を行い、削って刃作り。何度も確認して歪みを取り、研ぎを繰り返して完成します。

鍛冶職人出刃包丁まな板

刃の銀色の部分が鋼の刃の部分です。

お手入れは、普通の包丁と大きく変わりありません。洗ったあとは水気を拭き取っていただければ、特別なお手入れは不要です。

サビが付いた場合は、市販の錆び取り剤などをご使用ください。中でも、消しゴムタイプの錆び取り剤は、使いやすく、刃を傷つける心配も少ないですので、おすすめです。

研ぎに関しては、お近くの研ぎサービスはもちろんですが、ご連絡いただけましたら、製作元の島田刃物製作所にて研ぎ直しも可能です。往復送料と実費のみで承りますので、お気軽にご相談ください。

鍛冶職人出刃包丁

鍛冶職人出刃包丁柄

柄の部分も特別こだわりました。けやきの木に、銅を巻いて仕上げています。この部分がプラスチックのものが多いですが、木部分だけでなく銅パーツもオリジナルで製作いただき、試作を繰り返し、この形に仕上がりました。

2本並んでいる左側が文化包丁、右側が出刃包丁です。いわゆる和包丁と呼ばれ、こうした楕円型の形になります。和食店の料理人が使っている包丁ですので、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

鍛冶職人出刃包丁片刃

鍛冶職人包丁両刃

上が片刃、下が両刃といいます。底からみるとわかりやすいのですが、刃の形が違います。文化包丁、たがる包丁は両刃で、一般的な包丁と同じです。和包丁など料理人の包丁は片刃ですが、出刃包丁も片刃で作られます。片刃は、基本的には右利き用となります(左利き用の方は、ご相談くださいませ)

鍛冶職人出刃包丁魚

鍛冶職人出刃包丁魚捌く

鍛冶職人出刃包丁とうもろこし

鍛冶職人出刃包丁千切り

出刃包丁をお持ちの方は多くはないと思いますが、魚を捌くだけでなく、硬い野菜や食材にもお使いいただけます。重みがあり、刃が欠けることがないのはもちろん、その重さを生かして千切りにも使いやすいです。初めての出刃包丁として、お試しいただけたら嬉しいです。

鍛冶職人鍛造  

 

鍛冶場工場写真

島田刃物製作所 工場写真

職人と製作工程、工場内の写真を紹介しています。

お手入れ
食洗機のご使用はお避け下さい。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
一点一点木目と刃が異なります。ご確認の上で購入をご希望のお客様には、個別に写真でご確認いただけます。ご注文時の備考欄にて、お気軽にお問い合わせください。
島田刃物製作所でも研ぎ直しを承っております。お近くの場合は、直接店舗に訪問くださいませ。配送の場合は、お気軽に弊店までお問い合わせ下さい。配送方法等のご案内と、研ぎの依頼手続きを弊店にて承ります。料金は、配送料と研ぎ工賃の実費となります。

-

税込¥10,000以上ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ラッピングのご案内

【包丁】刃:極柔鋼 柄:けやき(木)

全長:29.5cm 刃渡り:15cm 

専用箱入り

 

重厚な出刃包丁は魚だけでなく野菜にも

製作くださっている島田刃物製作所。打ち刃物の包丁ができるまでを動画でまとめています。
【撮影・編集】JAPANMADE

鍛冶職人出刃包丁
http://pint.mn/?pid=97490341

山形打刃物の職人による包丁シリーズ。たがる包丁(ペティナイフ)、文化包丁(三徳包丁)に続く3本目の包丁が完成しました。

名前の通り、家に揃える3本目の包丁。

1本目:文化包丁(三徳包丁) メインで使う包丁

2本目:たがる包丁 果物や野菜の皮むき、チーズや果物に

3本目がこの出刃包丁。出刃包丁と聞くと、「魚を捌く」包丁というイメージが強いと思いますが、それだけではないんです。出刃包丁を作るまでのことも含めてご紹介します。

一番最初に製作したたがる包丁の人気が大変大きく、文化包丁もほしい!というたくさんの声に応えて製作した文化包丁。

人気の理由は、まずはその佇まい。打ち跡を残した刃と、通常は外注品をつけるケースが多い柄までも全て職人に手作りいただいています。和洋どちらとも括れない独特な雰囲気があります。 そして使ってみてわかる抜き刃物との違い。手で持った心地、切れ味の良さを実感いただき、2本揃えられる方がたくさんいらっしゃいました。

キッチンツールのお店ではないですが、こうした素材やものづくりを起点とした道具を通じて「包丁の違い」を実感くださる方も生まれて、職人の島田刃物製作所の島田さんと、「家で使いたい打ち刃物の包丁」を改めて一緒に考えました。そこで考えられたのが、この出刃包丁。一見プロ向けの包丁に思われがちですが、文化包丁と小さな包丁をお持ちの方には、その次におすすめしたい包丁です。

出刃包丁の特徴は、「肉厚で重い」「片刃」ということです。

「肉厚で重い刃」

主に、魚を捌くときに使われます。刃が欠けないよう、肉厚で重い刃になっています。こちらの作品も、魚を下ろすときには十二分に活躍してくれます。魚を捌くときと同じくらい使っていただきたいのが、硬いものを切るとき。とうもろこし、かぼちゃ、栗など、家庭のキッチンでも、文化包丁では足りない食材もあります。食材に適した包丁を使うことで、刃を傷つけずに長く使っていただけます。重みがあるからか、キャベツの千切りも細く美しく切れました。魚に限らず、色々お試しいただけたら嬉しいです。

量産品の包丁は抜き刃物といいます。型で抜いた包丁作りで、コストが抑えられる大量生産方式です。一方、打ち刃物はいわゆる鍛冶屋の仕事で、一点一点鋼を打ち鍛え、成形する打刃物です。もともとは農具や武具(日本刀)を作る製法と同じで、山形では650年もの歴史を持ちます。

鋼を鍛接(たんせつ)し、高温に熱して打ち叩き、鍛えます。常温の状態でも打ち叩き、鍛造を行い、削って刃作り。何度も確認して歪みを取り、研ぎを繰り返して完成します。

鍛冶職人出刃包丁まな板

刃の銀色の部分が鋼の刃の部分です。

お手入れは、普通の包丁と大きく変わりありません。洗ったあとは水気を拭き取っていただければ、特別なお手入れは不要です。

サビが付いた場合は、市販の錆び取り剤などをご使用ください。中でも、消しゴムタイプの錆び取り剤は、使いやすく、刃を傷つける心配も少ないですので、おすすめです。

研ぎに関しては、お近くの研ぎサービスはもちろんですが、ご連絡いただけましたら、製作元の島田刃物製作所にて研ぎ直しも可能です。往復送料と実費のみで承りますので、お気軽にご相談ください。

鍛冶職人出刃包丁

鍛冶職人出刃包丁柄

柄の部分も特別こだわりました。けやきの木に、銅を巻いて仕上げています。この部分がプラスチックのものが多いですが、木部分だけでなく銅パーツもオリジナルで製作いただき、試作を繰り返し、この形に仕上がりました。

2本並んでいる左側が文化包丁、右側が出刃包丁です。いわゆる和包丁と呼ばれ、こうした楕円型の形になります。和食店の料理人が使っている包丁ですので、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

鍛冶職人出刃包丁片刃

鍛冶職人包丁両刃

上が片刃、下が両刃といいます。底からみるとわかりやすいのですが、刃の形が違います。文化包丁、たがる包丁は両刃で、一般的な包丁と同じです。和包丁など料理人の包丁は片刃ですが、出刃包丁も片刃で作られます。片刃は、基本的には右利き用となります(左利き用の方は、ご相談くださいませ)

鍛冶職人出刃包丁魚

鍛冶職人出刃包丁魚捌く

鍛冶職人出刃包丁とうもろこし

鍛冶職人出刃包丁千切り

出刃包丁をお持ちの方は多くはないと思いますが、魚を捌くだけでなく、硬い野菜や食材にもお使いいただけます。重みがあり、刃が欠けることがないのはもちろん、その重さを生かして千切りにも使いやすいです。初めての出刃包丁として、お試しいただけたら嬉しいです。

鍛冶職人鍛造  

 

鍛冶場工場写真

島田刃物製作所 工場写真

職人と製作工程、工場内の写真を紹介しています。

お手入れ
食洗機のご使用はお避け下さい。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
一点一点木目と刃が異なります。ご確認の上で購入をご希望のお客様には、個別に写真でご確認いただけます。ご注文時の備考欄にて、お気軽にお問い合わせください。
島田刃物製作所でも研ぎ直しを承っております。お近くの場合は、直接店舗に訪問くださいませ。配送の場合は、お気軽に弊店までお問い合わせ下さい。配送方法等のご案内と、研ぎの依頼手続きを弊店にて承ります。料金は、配送料と研ぎ工賃の実費となります。

STORY

【包丁】刃:極柔鋼 柄:けやき(木)

全長:29.5cm 刃渡り:15cm 

専用箱入り

 

重厚な出刃包丁は魚だけでなく野菜にも

製作くださっている島田刃物製作所。打ち刃物の包丁ができるまでを動画でまとめています。
【撮影・編集】JAPANMADE

鍛冶職人出刃包丁
http://pint.mn/?pid=97490341

山形打刃物の職人による包丁シリーズ。たがる包丁(ペティナイフ)、文化包丁(三徳包丁)に続く3本目の包丁が完成しました。

名前の通り、家に揃える3本目の包丁。

1本目:文化包丁(三徳包丁) メインで使う包丁

2本目:たがる包丁 果物や野菜の皮むき、チーズや果物に

3本目がこの出刃包丁。出刃包丁と聞くと、「魚を捌く」包丁というイメージが強いと思いますが、それだけではないんです。出刃包丁を作るまでのことも含めてご紹介します。

一番最初に製作したたがる包丁の人気が大変大きく、文化包丁もほしい!というたくさんの声に応えて製作した文化包丁。

人気の理由は、まずはその佇まい。打ち跡を残した刃と、通常は外注品をつけるケースが多い柄までも全て職人に手作りいただいています。和洋どちらとも括れない独特な雰囲気があります。 そして使ってみてわかる抜き刃物との違い。手で持った心地、切れ味の良さを実感いただき、2本揃えられる方がたくさんいらっしゃいました。

キッチンツールのお店ではないですが、こうした素材やものづくりを起点とした道具を通じて「包丁の違い」を実感くださる方も生まれて、職人の島田刃物製作所の島田さんと、「家で使いたい打ち刃物の包丁」を改めて一緒に考えました。そこで考えられたのが、この出刃包丁。一見プロ向けの包丁に思われがちですが、文化包丁と小さな包丁をお持ちの方には、その次におすすめしたい包丁です。

出刃包丁の特徴は、「肉厚で重い」「片刃」ということです。

「肉厚で重い刃」

主に、魚を捌くときに使われます。刃が欠けないよう、肉厚で重い刃になっています。こちらの作品も、魚を下ろすときには十二分に活躍してくれます。魚を捌くときと同じくらい使っていただきたいのが、硬いものを切るとき。とうもろこし、かぼちゃ、栗など、家庭のキッチンでも、文化包丁では足りない食材もあります。食材に適した包丁を使うことで、刃を傷つけずに長く使っていただけます。重みがあるからか、キャベツの千切りも細く美しく切れました。魚に限らず、色々お試しいただけたら嬉しいです。

量産品の包丁は抜き刃物といいます。型で抜いた包丁作りで、コストが抑えられる大量生産方式です。一方、打ち刃物はいわゆる鍛冶屋の仕事で、一点一点鋼を打ち鍛え、成形する打刃物です。もともとは農具や武具(日本刀)を作る製法と同じで、山形では650年もの歴史を持ちます。

鋼を鍛接(たんせつ)し、高温に熱して打ち叩き、鍛えます。常温の状態でも打ち叩き、鍛造を行い、削って刃作り。何度も確認して歪みを取り、研ぎを繰り返して完成します。

鍛冶職人出刃包丁まな板

刃の銀色の部分が鋼の刃の部分です。

お手入れは、普通の包丁と大きく変わりありません。洗ったあとは水気を拭き取っていただければ、特別なお手入れは不要です。

サビが付いた場合は、市販の錆び取り剤などをご使用ください。中でも、消しゴムタイプの錆び取り剤は、使いやすく、刃を傷つける心配も少ないですので、おすすめです。

研ぎに関しては、お近くの研ぎサービスはもちろんですが、ご連絡いただけましたら、製作元の島田刃物製作所にて研ぎ直しも可能です。往復送料と実費のみで承りますので、お気軽にご相談ください。

鍛冶職人出刃包丁

鍛冶職人出刃包丁柄

柄の部分も特別こだわりました。けやきの木に、銅を巻いて仕上げています。この部分がプラスチックのものが多いですが、木部分だけでなく銅パーツもオリジナルで製作いただき、試作を繰り返し、この形に仕上がりました。

2本並んでいる左側が文化包丁、右側が出刃包丁です。いわゆる和包丁と呼ばれ、こうした楕円型の形になります。和食店の料理人が使っている包丁ですので、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

鍛冶職人出刃包丁片刃

鍛冶職人包丁両刃

上が片刃、下が両刃といいます。底からみるとわかりやすいのですが、刃の形が違います。文化包丁、たがる包丁は両刃で、一般的な包丁と同じです。和包丁など料理人の包丁は片刃ですが、出刃包丁も片刃で作られます。片刃は、基本的には右利き用となります(左利き用の方は、ご相談くださいませ)

鍛冶職人出刃包丁魚

鍛冶職人出刃包丁魚捌く

鍛冶職人出刃包丁とうもろこし

鍛冶職人出刃包丁千切り

出刃包丁をお持ちの方は多くはないと思いますが、魚を捌くだけでなく、硬い野菜や食材にもお使いいただけます。重みがあり、刃が欠けることがないのはもちろん、その重さを生かして千切りにも使いやすいです。初めての出刃包丁として、お試しいただけたら嬉しいです。

鍛冶職人鍛造  

 

鍛冶場工場写真

島田刃物製作所 工場写真

職人と製作工程、工場内の写真を紹介しています。

お手入れ
食洗機のご使用はお避け下さい。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
一点一点木目と刃が異なります。ご確認の上で購入をご希望のお客様には、個別に写真でご確認いただけます。ご注文時の備考欄にて、お気軽にお問い合わせください。
島田刃物製作所でも研ぎ直しを承っております。お近くの場合は、直接店舗に訪問くださいませ。配送の場合は、お気軽に弊店までお問い合わせ下さい。配送方法等のご案内と、研ぎの依頼手続きを弊店にて承ります。料金は、配送料と研ぎ工賃の実費となります。

【包丁】刃:極柔鋼 柄:けやき(木)

全長:29.5cm 刃渡り:15cm 

専用箱入り

 

重厚な出刃包丁は魚だけでなく野菜にも

製作くださっている島田刃物製作所。打ち刃物の包丁ができるまでを動画でまとめています。
【撮影・編集】JAPANMADE

鍛冶職人出刃包丁
http://pint.mn/?pid=97490341

山形打刃物の職人による包丁シリーズ。たがる包丁(ペティナイフ)、文化包丁(三徳包丁)に続く3本目の包丁が完成しました。

名前の通り、家に揃える3本目の包丁。

1本目:文化包丁(三徳包丁) メインで使う包丁

2本目:たがる包丁 果物や野菜の皮むき、チーズや果物に

3本目がこの出刃包丁。出刃包丁と聞くと、「魚を捌く」包丁というイメージが強いと思いますが、それだけではないんです。出刃包丁を作るまでのことも含めてご紹介します。

一番最初に製作したたがる包丁の人気が大変大きく、文化包丁もほしい!というたくさんの声に応えて製作した文化包丁。

人気の理由は、まずはその佇まい。打ち跡を残した刃と、通常は外注品をつけるケースが多い柄までも全て職人に手作りいただいています。和洋どちらとも括れない独特な雰囲気があります。 そして使ってみてわかる抜き刃物との違い。手で持った心地、切れ味の良さを実感いただき、2本揃えられる方がたくさんいらっしゃいました。

キッチンツールのお店ではないですが、こうした素材やものづくりを起点とした道具を通じて「包丁の違い」を実感くださる方も生まれて、職人の島田刃物製作所の島田さんと、「家で使いたい打ち刃物の包丁」を改めて一緒に考えました。そこで考えられたのが、この出刃包丁。一見プロ向けの包丁に思われがちですが、文化包丁と小さな包丁をお持ちの方には、その次におすすめしたい包丁です。

出刃包丁の特徴は、「肉厚で重い」「片刃」ということです。

「肉厚で重い刃」

主に、魚を捌くときに使われます。刃が欠けないよう、肉厚で重い刃になっています。こちらの作品も、魚を下ろすときには十二分に活躍してくれます。魚を捌くときと同じくらい使っていただきたいのが、硬いものを切るとき。とうもろこし、かぼちゃ、栗など、家庭のキッチンでも、文化包丁では足りない食材もあります。食材に適した包丁を使うことで、刃を傷つけずに長く使っていただけます。重みがあるからか、キャベツの千切りも細く美しく切れました。魚に限らず、色々お試しいただけたら嬉しいです。

量産品の包丁は抜き刃物といいます。型で抜いた包丁作りで、コストが抑えられる大量生産方式です。一方、打ち刃物はいわゆる鍛冶屋の仕事で、一点一点鋼を打ち鍛え、成形する打刃物です。もともとは農具や武具(日本刀)を作る製法と同じで、山形では650年もの歴史を持ちます。

鋼を鍛接(たんせつ)し、高温に熱して打ち叩き、鍛えます。常温の状態でも打ち叩き、鍛造を行い、削って刃作り。何度も確認して歪みを取り、研ぎを繰り返して完成します。

鍛冶職人出刃包丁まな板

刃の銀色の部分が鋼の刃の部分です。

お手入れは、普通の包丁と大きく変わりありません。洗ったあとは水気を拭き取っていただければ、特別なお手入れは不要です。

サビが付いた場合は、市販の錆び取り剤などをご使用ください。中でも、消しゴムタイプの錆び取り剤は、使いやすく、刃を傷つける心配も少ないですので、おすすめです。

研ぎに関しては、お近くの研ぎサービスはもちろんですが、ご連絡いただけましたら、製作元の島田刃物製作所にて研ぎ直しも可能です。往復送料と実費のみで承りますので、お気軽にご相談ください。

鍛冶職人出刃包丁

鍛冶職人出刃包丁柄

柄の部分も特別こだわりました。けやきの木に、銅を巻いて仕上げています。この部分がプラスチックのものが多いですが、木部分だけでなく銅パーツもオリジナルで製作いただき、試作を繰り返し、この形に仕上がりました。

2本並んでいる左側が文化包丁、右側が出刃包丁です。いわゆる和包丁と呼ばれ、こうした楕円型の形になります。和食店の料理人が使っている包丁ですので、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

鍛冶職人出刃包丁片刃

鍛冶職人包丁両刃

上が片刃、下が両刃といいます。底からみるとわかりやすいのですが、刃の形が違います。文化包丁、たがる包丁は両刃で、一般的な包丁と同じです。和包丁など料理人の包丁は片刃ですが、出刃包丁も片刃で作られます。片刃は、基本的には右利き用となります(左利き用の方は、ご相談くださいませ)

鍛冶職人出刃包丁魚

鍛冶職人出刃包丁魚捌く

鍛冶職人出刃包丁とうもろこし

鍛冶職人出刃包丁千切り

出刃包丁をお持ちの方は多くはないと思いますが、魚を捌くだけでなく、硬い野菜や食材にもお使いいただけます。重みがあり、刃が欠けることがないのはもちろん、その重さを生かして千切りにも使いやすいです。初めての出刃包丁として、お試しいただけたら嬉しいです。

鍛冶職人鍛造  

 

鍛冶場工場写真

島田刃物製作所 工場写真

職人と製作工程、工場内の写真を紹介しています。

お手入れ
食洗機のご使用はお避け下さい。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
一点一点木目と刃が異なります。ご確認の上で購入をご希望のお客様には、個別に写真でご確認いただけます。ご注文時の備考欄にて、お気軽にお問い合わせください。
島田刃物製作所でも研ぎ直しを承っております。お近くの場合は、直接店舗に訪問くださいませ。配送の場合は、お気軽に弊店までお問い合わせ下さい。配送方法等のご案内と、研ぎの依頼手続きを弊店にて承ります。料金は、配送料と研ぎ工賃の実費となります。

【包丁】刃:極柔鋼 柄:けやき(木)

全長:29.5cm 刃渡り:15cm 

専用箱入り

 

重厚な出刃包丁は魚だけでなく野菜にも

製作くださっている島田刃物製作所。打ち刃物の包丁ができるまでを動画でまとめています。
【撮影・編集】JAPANMADE

鍛冶職人出刃包丁
http://pint.mn/?pid=97490341

山形打刃物の職人による包丁シリーズ。たがる包丁(ペティナイフ)、文化包丁(三徳包丁)に続く3本目の包丁が完成しました。

名前の通り、家に揃える3本目の包丁。

1本目:文化包丁(三徳包丁) メインで使う包丁

2本目:たがる包丁 果物や野菜の皮むき、チーズや果物に

3本目がこの出刃包丁。出刃包丁と聞くと、「魚を捌く」包丁というイメージが強いと思いますが、それだけではないんです。出刃包丁を作るまでのことも含めてご紹介します。

一番最初に製作したたがる包丁の人気が大変大きく、文化包丁もほしい!というたくさんの声に応えて製作した文化包丁。

人気の理由は、まずはその佇まい。打ち跡を残した刃と、通常は外注品をつけるケースが多い柄までも全て職人に手作りいただいています。和洋どちらとも括れない独特な雰囲気があります。 そして使ってみてわかる抜き刃物との違い。手で持った心地、切れ味の良さを実感いただき、2本揃えられる方がたくさんいらっしゃいました。

キッチンツールのお店ではないですが、こうした素材やものづくりを起点とした道具を通じて「包丁の違い」を実感くださる方も生まれて、職人の島田刃物製作所の島田さんと、「家で使いたい打ち刃物の包丁」を改めて一緒に考えました。そこで考えられたのが、この出刃包丁。一見プロ向けの包丁に思われがちですが、文化包丁と小さな包丁をお持ちの方には、その次におすすめしたい包丁です。

出刃包丁の特徴は、「肉厚で重い」「片刃」ということです。

「肉厚で重い刃」

主に、魚を捌くときに使われます。刃が欠けないよう、肉厚で重い刃になっています。こちらの作品も、魚を下ろすときには十二分に活躍してくれます。魚を捌くときと同じくらい使っていただきたいのが、硬いものを切るとき。とうもろこし、かぼちゃ、栗など、家庭のキッチンでも、文化包丁では足りない食材もあります。食材に適した包丁を使うことで、刃を傷つけずに長く使っていただけます。重みがあるからか、キャベツの千切りも細く美しく切れました。魚に限らず、色々お試しいただけたら嬉しいです。

量産品の包丁は抜き刃物といいます。型で抜いた包丁作りで、コストが抑えられる大量生産方式です。一方、打ち刃物はいわゆる鍛冶屋の仕事で、一点一点鋼を打ち鍛え、成形する打刃物です。もともとは農具や武具(日本刀)を作る製法と同じで、山形では650年もの歴史を持ちます。

鋼を鍛接(たんせつ)し、高温に熱して打ち叩き、鍛えます。常温の状態でも打ち叩き、鍛造を行い、削って刃作り。何度も確認して歪みを取り、研ぎを繰り返して完成します。

鍛冶職人出刃包丁まな板

刃の銀色の部分が鋼の刃の部分です。

お手入れは、普通の包丁と大きく変わりありません。洗ったあとは水気を拭き取っていただければ、特別なお手入れは不要です。

サビが付いた場合は、市販の錆び取り剤などをご使用ください。中でも、消しゴムタイプの錆び取り剤は、使いやすく、刃を傷つける心配も少ないですので、おすすめです。

研ぎに関しては、お近くの研ぎサービスはもちろんですが、ご連絡いただけましたら、製作元の島田刃物製作所にて研ぎ直しも可能です。往復送料と実費のみで承りますので、お気軽にご相談ください。

鍛冶職人出刃包丁

鍛冶職人出刃包丁柄

柄の部分も特別こだわりました。けやきの木に、銅を巻いて仕上げています。この部分がプラスチックのものが多いですが、木部分だけでなく銅パーツもオリジナルで製作いただき、試作を繰り返し、この形に仕上がりました。

2本並んでいる左側が文化包丁、右側が出刃包丁です。いわゆる和包丁と呼ばれ、こうした楕円型の形になります。和食店の料理人が使っている包丁ですので、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

鍛冶職人出刃包丁片刃

鍛冶職人包丁両刃

上が片刃、下が両刃といいます。底からみるとわかりやすいのですが、刃の形が違います。文化包丁、たがる包丁は両刃で、一般的な包丁と同じです。和包丁など料理人の包丁は片刃ですが、出刃包丁も片刃で作られます。片刃は、基本的には右利き用となります(左利き用の方は、ご相談くださいませ)

鍛冶職人出刃包丁魚

鍛冶職人出刃包丁魚捌く

鍛冶職人出刃包丁とうもろこし

鍛冶職人出刃包丁千切り

出刃包丁をお持ちの方は多くはないと思いますが、魚を捌くだけでなく、硬い野菜や食材にもお使いいただけます。重みがあり、刃が欠けることがないのはもちろん、その重さを生かして千切りにも使いやすいです。初めての出刃包丁として、お試しいただけたら嬉しいです。

鍛冶職人鍛造  

 

鍛冶場工場写真

島田刃物製作所 工場写真

職人と製作工程、工場内の写真を紹介しています。

お手入れ
食洗機のご使用はお避け下さい。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
一点一点木目と刃が異なります。ご確認の上で購入をご希望のお客様には、個別に写真でご確認いただけます。ご注文時の備考欄にて、お気軽にお問い合わせください。
島田刃物製作所でも研ぎ直しを承っております。お近くの場合は、直接店舗に訪問くださいませ。配送の場合は、お気軽に弊店までお問い合わせ下さい。配送方法等のご案内と、研ぎの依頼手続きを弊店にて承ります。料金は、配送料と研ぎ工賃の実費となります。