日本の布の手提げ|近江上布|リバーシブル(ブルー×レッド|オレンジ×レッド)

在庫状況 在庫 2 個
販売価格
6,480円
購入数

本麻手もみ ラミー100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:同柄色違いの生地。リバーシブル仕様

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

PINTで取り扱いする新シリーズライン、tesage。

DADACAFEのときからご一緒している、たむらはるみさんの企画製作による「日本の布をたのしむ」手提げのバッグ。長らく構想を温められていて、この度PINTから初めてご紹介することになりました。

きっかけは、たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げバッグ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。でも形はトートバッグなので、自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作ったバッグです。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

こちらの生地はPINTで使っている滋賀県の近江上布、麻織物の産地です。本麻手もみの、麻の本場の素材と仕上げ。フラックスのリネンと違い、ラミーというシャリ感がある日本らしい生地。和装の世界でないと馴染みが少ない生地ですが、染めの色も綺麗に入り、清涼感と独特の風合いがあります。夏らしい素材感も特徴です。こちらの柄に関しては、表裏に同柄の色違いを使って、リバーシブル仕様になっています。どちらも表面にしてお使いいただけます。

ラミーらしい、シャリっとした清涼感ある生地と、上品な先染めチェック柄で、大人らしい仕上がりになりました。

webに先駆け、阪急うめだ本店でリリースしましたが、女性、プレゼント用の人気が高かったです。予想外だったのは、お洒落なご年配の男性にも選んでいただけたこと。とても気に入ってくださり、向かいのお店で買ったものを、そのままこの手提げに入れておかえりになられました。すごく粋でかっこよかったです。女性だけでなく、男性にも是非使っていただきたいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

-

本麻手もみ ラミー100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:同柄色違いの生地。リバーシブル仕様

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

PINTで取り扱いする新シリーズライン、tesage。

DADACAFEのときからご一緒している、たむらはるみさんの企画製作による「日本の布をたのしむ」手提げのバッグ。長らく構想を温められていて、この度PINTから初めてご紹介することになりました。

きっかけは、たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げバッグ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。でも形はトートバッグなので、自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作ったバッグです。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

こちらの生地はPINTで使っている滋賀県の近江上布、麻織物の産地です。本麻手もみの、麻の本場の素材と仕上げ。フラックスのリネンと違い、ラミーというシャリ感がある日本らしい生地。和装の世界でないと馴染みが少ない生地ですが、染めの色も綺麗に入り、清涼感と独特の風合いがあります。夏らしい素材感も特徴です。こちらの柄に関しては、表裏に同柄の色違いを使って、リバーシブル仕様になっています。どちらも表面にしてお使いいただけます。

ラミーらしい、シャリっとした清涼感ある生地と、上品な先染めチェック柄で、大人らしい仕上がりになりました。

webに先駆け、阪急うめだ本店でリリースしましたが、女性、プレゼント用の人気が高かったです。予想外だったのは、お洒落なご年配の男性にも選んでいただけたこと。とても気に入ってくださり、向かいのお店で買ったものを、そのままこの手提げに入れておかえりになられました。すごく粋でかっこよかったです。女性だけでなく、男性にも是非使っていただきたいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

STORY

本麻手もみ ラミー100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:同柄色違いの生地。リバーシブル仕様

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

PINTで取り扱いする新シリーズライン、tesage。

DADACAFEのときからご一緒している、たむらはるみさんの企画製作による「日本の布をたのしむ」手提げのバッグ。長らく構想を温められていて、この度PINTから初めてご紹介することになりました。

きっかけは、たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げバッグ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。でも形はトートバッグなので、自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作ったバッグです。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

こちらの生地はPINTで使っている滋賀県の近江上布、麻織物の産地です。本麻手もみの、麻の本場の素材と仕上げ。フラックスのリネンと違い、ラミーというシャリ感がある日本らしい生地。和装の世界でないと馴染みが少ない生地ですが、染めの色も綺麗に入り、清涼感と独特の風合いがあります。夏らしい素材感も特徴です。こちらの柄に関しては、表裏に同柄の色違いを使って、リバーシブル仕様になっています。どちらも表面にしてお使いいただけます。

ラミーらしい、シャリっとした清涼感ある生地と、上品な先染めチェック柄で、大人らしい仕上がりになりました。

webに先駆け、阪急うめだ本店でリリースしましたが、女性、プレゼント用の人気が高かったです。予想外だったのは、お洒落なご年配の男性にも選んでいただけたこと。とても気に入ってくださり、向かいのお店で買ったものを、そのままこの手提げに入れておかえりになられました。すごく粋でかっこよかったです。女性だけでなく、男性にも是非使っていただきたいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

本麻手もみ ラミー100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:同柄色違いの生地。リバーシブル仕様

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

PINTで取り扱いする新シリーズライン、tesage。

DADACAFEのときからご一緒している、たむらはるみさんの企画製作による「日本の布をたのしむ」手提げのバッグ。長らく構想を温められていて、この度PINTから初めてご紹介することになりました。

きっかけは、たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げバッグ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。でも形はトートバッグなので、自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作ったバッグです。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

こちらの生地はPINTで使っている滋賀県の近江上布、麻織物の産地です。本麻手もみの、麻の本場の素材と仕上げ。フラックスのリネンと違い、ラミーというシャリ感がある日本らしい生地。和装の世界でないと馴染みが少ない生地ですが、染めの色も綺麗に入り、清涼感と独特の風合いがあります。夏らしい素材感も特徴です。こちらの柄に関しては、表裏に同柄の色違いを使って、リバーシブル仕様になっています。どちらも表面にしてお使いいただけます。

ラミーらしい、シャリっとした清涼感ある生地と、上品な先染めチェック柄で、大人らしい仕上がりになりました。

webに先駆け、阪急うめだ本店でリリースしましたが、女性、プレゼント用の人気が高かったです。予想外だったのは、お洒落なご年配の男性にも選んでいただけたこと。とても気に入ってくださり、向かいのお店で買ったものを、そのままこの手提げに入れておかえりになられました。すごく粋でかっこよかったです。女性だけでなく、男性にも是非使っていただきたいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

本麻手もみ ラミー100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:同柄色違いの生地。リバーシブル仕様

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

手提げ近江上布リネン麻バッグ

PINTで取り扱いする新シリーズライン、tesage。

DADACAFEのときからご一緒している、たむらはるみさんの企画製作による「日本の布をたのしむ」手提げのバッグ。長らく構想を温められていて、この度PINTから初めてご紹介することになりました。

きっかけは、たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げバッグ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。でも形はトートバッグなので、自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作ったバッグです。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

手提げ近江上布リネン麻バッグランチトート

こちらの生地はPINTで使っている滋賀県の近江上布、麻織物の産地です。本麻手もみの、麻の本場の素材と仕上げ。フラックスのリネンと違い、ラミーというシャリ感がある日本らしい生地。和装の世界でないと馴染みが少ない生地ですが、染めの色も綺麗に入り、清涼感と独特の風合いがあります。夏らしい素材感も特徴です。こちらの柄に関しては、表裏に同柄の色違いを使って、リバーシブル仕様になっています。どちらも表面にしてお使いいただけます。

ラミーらしい、シャリっとした清涼感ある生地と、上品な先染めチェック柄で、大人らしい仕上がりになりました。

webに先駆け、阪急うめだ本店でリリースしましたが、女性、プレゼント用の人気が高かったです。予想外だったのは、お洒落なご年配の男性にも選んでいただけたこと。とても気に入ってくださり、向かいのお店で買ったものを、そのままこの手提げに入れておかえりになられました。すごく粋でかっこよかったです。女性だけでなく、男性にも是非使っていただきたいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。