急須 白 墨貫入

在庫状況 在庫 2 個
販売価格
5,400円
購入数

土(焼き締め)

 

直径9.5cm×高さ6.8cm

300cc 大きめの湯のみ:2〜3杯分 小さめの湯のみ:4〜5杯分

 

専用箱入り

 

無国籍感が魅力の急須

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

三重県四日市市の萬古焼(ばんこやき)。使う土の性質から、耐熱性に優れた特長を持っていて、耐熱性を活かした急須や土鍋作りが盛んです。この急須は、急須作りを得意とする窯元、南景製陶園による製作。

中国茶の急須のような形ですが、それにしては少し大きい。イギリスなど紅茶文化のティーポットのようでもあり、それには少し小さい。大きさとしては、日本茶の小さめの急須くらいでしょうか。

そんな無国籍感が魅力の急須です。茶こしは、共茶漉し。ステンレスなどの金気なく、お茶を味わっていただけます。

一見サイズは小さく見えても、まんまるの胴体の形で意外と容量はあります。300cc入るため、急須 黒 焼き締めとあまり変わりません。

貫入とは、表面の釉薬に、細かなヒビを意図的に生じさせる伝統的な表現手法です。貫入に、墨を入れて模様になっています。墨が入っていない部分もあり、だんだんと貫入部分に染み込み着色します。貫入は器や碗のイメージが強いですが、使い、育つ急須です。

使い込むことで生じる味わいを楽しんでいただけます。稀にピシピシと割れる音がする場合がございますが、日常使いする上で、支障はありません。

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

共茶漉しという、急須本体と同じ陶製で、穴を空けた構造の急須。一つ一つ、職人が手作業で穴を空けています。最近は、ステンレスの茶漉しの急須も多いですが、金気を感じることも。共茶漉しで、茶葉そのものの味を愉しんでいただきたいと思います。

お手入れ
直火にはかけないでください。
食洗機で洗浄する場合、ご使用状況によっては破損の可能性があります。個別に手でお洗いいただくことをお勧めします。
茶ガラは水やお湯でさっと流し、よく水を切って乾かしてください。時々、日光に当てて乾かしますと、より衛生的です。

-

土(焼き締め)

 

直径9.5cm×高さ6.8cm

300cc 大きめの湯のみ:2〜3杯分 小さめの湯のみ:4〜5杯分

 

専用箱入り

 

無国籍感が魅力の急須

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

三重県四日市市の萬古焼(ばんこやき)。使う土の性質から、耐熱性に優れた特長を持っていて、耐熱性を活かした急須や土鍋作りが盛んです。この急須は、急須作りを得意とする窯元、南景製陶園による製作。

中国茶の急須のような形ですが、それにしては少し大きい。イギリスなど紅茶文化のティーポットのようでもあり、それには少し小さい。大きさとしては、日本茶の小さめの急須くらいでしょうか。

そんな無国籍感が魅力の急須です。茶こしは、共茶漉し。ステンレスなどの金気なく、お茶を味わっていただけます。

一見サイズは小さく見えても、まんまるの胴体の形で意外と容量はあります。300cc入るため、急須 黒 焼き締めとあまり変わりません。

貫入とは、表面の釉薬に、細かなヒビを意図的に生じさせる伝統的な表現手法です。貫入に、墨を入れて模様になっています。墨が入っていない部分もあり、だんだんと貫入部分に染み込み着色します。貫入は器や碗のイメージが強いですが、使い、育つ急須です。

使い込むことで生じる味わいを楽しんでいただけます。稀にピシピシと割れる音がする場合がございますが、日常使いする上で、支障はありません。

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

共茶漉しという、急須本体と同じ陶製で、穴を空けた構造の急須。一つ一つ、職人が手作業で穴を空けています。最近は、ステンレスの茶漉しの急須も多いですが、金気を感じることも。共茶漉しで、茶葉そのものの味を愉しんでいただきたいと思います。

お手入れ
直火にはかけないでください。
食洗機で洗浄する場合、ご使用状況によっては破損の可能性があります。個別に手でお洗いいただくことをお勧めします。
茶ガラは水やお湯でさっと流し、よく水を切って乾かしてください。時々、日光に当てて乾かしますと、より衛生的です。

STORY

土(焼き締め)

 

直径9.5cm×高さ6.8cm

300cc 大きめの湯のみ:2〜3杯分 小さめの湯のみ:4〜5杯分

 

専用箱入り

 

無国籍感が魅力の急須

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

三重県四日市市の萬古焼(ばんこやき)。使う土の性質から、耐熱性に優れた特長を持っていて、耐熱性を活かした急須や土鍋作りが盛んです。この急須は、急須作りを得意とする窯元、南景製陶園による製作。

中国茶の急須のような形ですが、それにしては少し大きい。イギリスなど紅茶文化のティーポットのようでもあり、それには少し小さい。大きさとしては、日本茶の小さめの急須くらいでしょうか。

そんな無国籍感が魅力の急須です。茶こしは、共茶漉し。ステンレスなどの金気なく、お茶を味わっていただけます。

一見サイズは小さく見えても、まんまるの胴体の形で意外と容量はあります。300cc入るため、急須 黒 焼き締めとあまり変わりません。

貫入とは、表面の釉薬に、細かなヒビを意図的に生じさせる伝統的な表現手法です。貫入に、墨を入れて模様になっています。墨が入っていない部分もあり、だんだんと貫入部分に染み込み着色します。貫入は器や碗のイメージが強いですが、使い、育つ急須です。

使い込むことで生じる味わいを楽しんでいただけます。稀にピシピシと割れる音がする場合がございますが、日常使いする上で、支障はありません。

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

共茶漉しという、急須本体と同じ陶製で、穴を空けた構造の急須。一つ一つ、職人が手作業で穴を空けています。最近は、ステンレスの茶漉しの急須も多いですが、金気を感じることも。共茶漉しで、茶葉そのものの味を愉しんでいただきたいと思います。

お手入れ
直火にはかけないでください。
食洗機で洗浄する場合、ご使用状況によっては破損の可能性があります。個別に手でお洗いいただくことをお勧めします。
茶ガラは水やお湯でさっと流し、よく水を切って乾かしてください。時々、日光に当てて乾かしますと、より衛生的です。

土(焼き締め)

 

直径9.5cm×高さ6.8cm

300cc 大きめの湯のみ:2〜3杯分 小さめの湯のみ:4〜5杯分

 

専用箱入り

 

無国籍感が魅力の急須

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

三重県四日市市の萬古焼(ばんこやき)。使う土の性質から、耐熱性に優れた特長を持っていて、耐熱性を活かした急須や土鍋作りが盛んです。この急須は、急須作りを得意とする窯元、南景製陶園による製作。

中国茶の急須のような形ですが、それにしては少し大きい。イギリスなど紅茶文化のティーポットのようでもあり、それには少し小さい。大きさとしては、日本茶の小さめの急須くらいでしょうか。

そんな無国籍感が魅力の急須です。茶こしは、共茶漉し。ステンレスなどの金気なく、お茶を味わっていただけます。

一見サイズは小さく見えても、まんまるの胴体の形で意外と容量はあります。300cc入るため、急須 黒 焼き締めとあまり変わりません。

貫入とは、表面の釉薬に、細かなヒビを意図的に生じさせる伝統的な表現手法です。貫入に、墨を入れて模様になっています。墨が入っていない部分もあり、だんだんと貫入部分に染み込み着色します。貫入は器や碗のイメージが強いですが、使い、育つ急須です。

使い込むことで生じる味わいを楽しんでいただけます。稀にピシピシと割れる音がする場合がございますが、日常使いする上で、支障はありません。

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

共茶漉しという、急須本体と同じ陶製で、穴を空けた構造の急須。一つ一つ、職人が手作業で穴を空けています。最近は、ステンレスの茶漉しの急須も多いですが、金気を感じることも。共茶漉しで、茶葉そのものの味を愉しんでいただきたいと思います。

お手入れ
直火にはかけないでください。
食洗機で洗浄する場合、ご使用状況によっては破損の可能性があります。個別に手でお洗いいただくことをお勧めします。
茶ガラは水やお湯でさっと流し、よく水を切って乾かしてください。時々、日光に当てて乾かしますと、より衛生的です。

土(焼き締め)

 

直径9.5cm×高さ6.8cm

300cc 大きめの湯のみ:2〜3杯分 小さめの湯のみ:4〜5杯分

 

専用箱入り

 

無国籍感が魅力の急須

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

三重県四日市市の萬古焼(ばんこやき)。使う土の性質から、耐熱性に優れた特長を持っていて、耐熱性を活かした急須や土鍋作りが盛んです。この急須は、急須作りを得意とする窯元、南景製陶園による製作。

中国茶の急須のような形ですが、それにしては少し大きい。イギリスなど紅茶文化のティーポットのようでもあり、それには少し小さい。大きさとしては、日本茶の小さめの急須くらいでしょうか。

そんな無国籍感が魅力の急須です。茶こしは、共茶漉し。ステンレスなどの金気なく、お茶を味わっていただけます。

一見サイズは小さく見えても、まんまるの胴体の形で意外と容量はあります。300cc入るため、急須 黒 焼き締めとあまり変わりません。

貫入とは、表面の釉薬に、細かなヒビを意図的に生じさせる伝統的な表現手法です。貫入に、墨を入れて模様になっています。墨が入っていない部分もあり、だんだんと貫入部分に染み込み着色します。貫入は器や碗のイメージが強いですが、使い、育つ急須です。

使い込むことで生じる味わいを楽しんでいただけます。稀にピシピシと割れる音がする場合がございますが、日常使いする上で、支障はありません。

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

萬古焼南景製陶園急須 白墨貫入

共茶漉しという、急須本体と同じ陶製で、穴を空けた構造の急須。一つ一つ、職人が手作業で穴を空けています。最近は、ステンレスの茶漉しの急須も多いですが、金気を感じることも。共茶漉しで、茶葉そのものの味を愉しんでいただきたいと思います。

お手入れ
直火にはかけないでください。
食洗機で洗浄する場合、ご使用状況によっては破損の可能性があります。個別に手でお洗いいただくことをお勧めします。
茶ガラは水やお湯でさっと流し、よく水を切って乾かしてください。時々、日光に当てて乾かしますと、より衛生的です。