【10月下旬お届け】ブレッドバスケット Sサイズ

販売価格
2,376円
購入数

本体:リネン100% ループ:コットン100%

 

写真の状態に立てた時のサイズ:幅18cm×奥行き12cm×高さ13cm程度

製品寸法:ループ長さ6cm

 

生地が完成し、再入荷いたしました。2019/09/12

パンのリネン袋

パンのリネンの袋バスケット

帆布のようなリネン100%の厚手生地は、もともと、ある業務用に特注でオーダーされたことがきっかけの、特別な生地。非常に厚地のリネン生地を活かして、パンを食べるシーンをイメージして作りました。

パンとリネン。製造工程でもリネン生地が使われることが多く、相性の良い組み合わせです。

リネン100%の厚手生地を、シンプルにマチ付きの袋状に仕立てています。

食卓では、くるくる巻いてパンのバスケットに。折込方や巻き方により高さはある程度調節できますが、くるくる巻かなければ、ちょうど一般的な食パン1斤が入るくらいのサイズです。

焼きたてや、温めたりしたパンはほのかに湯気が立ちますが、リネン生地はその湯気と熱をしっかり逃がすので、美味しくいただけます。焼きたてのバゲットやロールパンなどをざくざく入れていただくのもおすすめです。

 

家だけではなく、外でもお使いいただけます。お出かけ先でパンを買ってそのまま中に入れていただき、上の余布部分を折り曲げたり、ひもで巻いたり、クリップでとめていただいて、簡単なリネン袋としても使っていただけます。ピクニックにも良いですね。サイズが合いましたら、お弁当箱と何かを一緒に入れていただいても便利です。

もちろん、食べ物に限らず、リネンの布袋としてお使いいただいても。

番外編としては、キッチンやダイニング、リビングで、ちょっとしたものを入れるケースとして。シンプルな生成りのリネン生地なので、木のテーブルやインテリアにはしっくり馴染みます。

パンのリネンの袋バスケット

パンのリネンの袋バスケット

くるくると巻かずに立てると、このような状態に。上が開きっ放しのシンプルな形です。コットン素材のループで、掛けて収納したり、乾かしたり。巻いて使うときは折り込まれるので、邪魔にならずに使えます。

この生地は、帆布のようなリネン100%の厚手生地。太い20番手ほどのリネン糸を撚り合わせて、超高密度に織っています。一見リネンとは思えない、コットンキャンバスか帆布のような糸の太さと生地の密度ですが、コットンとは触り心地や質感が異なり、独特な上質な滑らかさと風合いがあります。染めはしておらず、リネンそのままの生成りの色です。生地の柔軟加工や糊付け仕上げなどもしておらず、織機からおろしたそのままの状態。この生地を1枚使いで、バイアステープを使わず、リネン100%生地をそのままシンプルな形の袋にしています。ざくざくとそのままパンや食材を入れてください。

生地の良さをストレートに活かして、丈夫で手入れもしやすいよう、シンプルな素材使いと構造になっています。上質で丈夫なリネン生地を、長く、育てながらお使いいただけるかと思います。使用しているうちに、少しずつ、柔らかく変化してゆきます。

特別なお手入れは不要ですが、洗濯方法等に関して、ページ下部にてご案内しております。

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

もともとサイズはこちらのLサイズの1種類でしたが、飲食店からのご要望を受け、小さなサイズ2つを追加し、全部で3サイズあります。写真右からS、M、Lサイズです。S、Mサイズは、カフェやイタリアンなど、2人席テーブル用に、カットしたバゲットを1人か2人分をサーブして使われていることが多いです。

一番下、裏面の写真だけ順番が逆になってしまいましたが、左からS、M、L。製品自体のそれぞれの差をイメージいただけるかと思います。写真の通り、SとMは、生地量もほとんど変わりません。Sは、この生地と縫製仕様で可能な最小サイズです。
底面 S:12×12cm M:12×15
と、3cm差です。この差もありますが、Sは正方形ですので、立てた時の形が少し異なります。

お手入れ
パンを入れる用途ですので、パン屑などをはたいて取っていただき、そのままお使いいただく方が多いです。菓子パンや油分の強いパンは、シミがつく可能性が高いので、ご注意ください。汚れが気になるときは水やぬるま湯で洗うことをおすすめします。
それでも取れない油染みなどは、洗剤洗いも可能です。リネン100%生地に縫製をしておりシンプルな布製品ですので、生地と製品としては問題ありません。ただ、食べ物を直接入れますので、個人のお好みとご判断にお任せしています。(洗剤で洗ったテーブルクロスや布ものにパンをのせることと変わらないので、基本的に大きな問題はないと思っております)
なお、お洗濯の際、乾燥機、漂白剤、柔軟剤、蛍光増白剤などの使用は、生地の風合いが損なわれる可能性が高いため、お避けください。

-

15,000円以上(クリックポストは10,000円)ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

本体:リネン100% ループ:コットン100%

 

写真の状態に立てた時のサイズ:幅18cm×奥行き12cm×高さ13cm程度

製品寸法:ループ長さ6cm

 

生地が完成し、再入荷いたしました。2019/09/12

パンのリネン袋

パンのリネンの袋バスケット

帆布のようなリネン100%の厚手生地は、もともと、ある業務用に特注でオーダーされたことがきっかけの、特別な生地。非常に厚地のリネン生地を活かして、パンを食べるシーンをイメージして作りました。

パンとリネン。製造工程でもリネン生地が使われることが多く、相性の良い組み合わせです。

リネン100%の厚手生地を、シンプルにマチ付きの袋状に仕立てています。

食卓では、くるくる巻いてパンのバスケットに。折込方や巻き方により高さはある程度調節できますが、くるくる巻かなければ、ちょうど一般的な食パン1斤が入るくらいのサイズです。

焼きたてや、温めたりしたパンはほのかに湯気が立ちますが、リネン生地はその湯気と熱をしっかり逃がすので、美味しくいただけます。焼きたてのバゲットやロールパンなどをざくざく入れていただくのもおすすめです。

 

家だけではなく、外でもお使いいただけます。お出かけ先でパンを買ってそのまま中に入れていただき、上の余布部分を折り曲げたり、ひもで巻いたり、クリップでとめていただいて、簡単なリネン袋としても使っていただけます。ピクニックにも良いですね。サイズが合いましたら、お弁当箱と何かを一緒に入れていただいても便利です。

もちろん、食べ物に限らず、リネンの布袋としてお使いいただいても。

番外編としては、キッチンやダイニング、リビングで、ちょっとしたものを入れるケースとして。シンプルな生成りのリネン生地なので、木のテーブルやインテリアにはしっくり馴染みます。

パンのリネンの袋バスケット

パンのリネンの袋バスケット

くるくると巻かずに立てると、このような状態に。上が開きっ放しのシンプルな形です。コットン素材のループで、掛けて収納したり、乾かしたり。巻いて使うときは折り込まれるので、邪魔にならずに使えます。

この生地は、帆布のようなリネン100%の厚手生地。太い20番手ほどのリネン糸を撚り合わせて、超高密度に織っています。一見リネンとは思えない、コットンキャンバスか帆布のような糸の太さと生地の密度ですが、コットンとは触り心地や質感が異なり、独特な上質な滑らかさと風合いがあります。染めはしておらず、リネンそのままの生成りの色です。生地の柔軟加工や糊付け仕上げなどもしておらず、織機からおろしたそのままの状態。この生地を1枚使いで、バイアステープを使わず、リネン100%生地をそのままシンプルな形の袋にしています。ざくざくとそのままパンや食材を入れてください。

生地の良さをストレートに活かして、丈夫で手入れもしやすいよう、シンプルな素材使いと構造になっています。上質で丈夫なリネン生地を、長く、育てながらお使いいただけるかと思います。使用しているうちに、少しずつ、柔らかく変化してゆきます。

特別なお手入れは不要ですが、洗濯方法等に関して、ページ下部にてご案内しております。

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

もともとサイズはこちらのLサイズの1種類でしたが、飲食店からのご要望を受け、小さなサイズ2つを追加し、全部で3サイズあります。写真右からS、M、Lサイズです。S、Mサイズは、カフェやイタリアンなど、2人席テーブル用に、カットしたバゲットを1人か2人分をサーブして使われていることが多いです。

一番下、裏面の写真だけ順番が逆になってしまいましたが、左からS、M、L。製品自体のそれぞれの差をイメージいただけるかと思います。写真の通り、SとMは、生地量もほとんど変わりません。Sは、この生地と縫製仕様で可能な最小サイズです。
底面 S:12×12cm M:12×15
と、3cm差です。この差もありますが、Sは正方形ですので、立てた時の形が少し異なります。

お手入れ
パンを入れる用途ですので、パン屑などをはたいて取っていただき、そのままお使いいただく方が多いです。菓子パンや油分の強いパンは、シミがつく可能性が高いので、ご注意ください。汚れが気になるときは水やぬるま湯で洗うことをおすすめします。
それでも取れない油染みなどは、洗剤洗いも可能です。リネン100%生地に縫製をしておりシンプルな布製品ですので、生地と製品としては問題ありません。ただ、食べ物を直接入れますので、個人のお好みとご判断にお任せしています。(洗剤で洗ったテーブルクロスや布ものにパンをのせることと変わらないので、基本的に大きな問題はないと思っております)
なお、お洗濯の際、乾燥機、漂白剤、柔軟剤、蛍光増白剤などの使用は、生地の風合いが損なわれる可能性が高いため、お避けください。

STORY

本体:リネン100% ループ:コットン100%

 

写真の状態に立てた時のサイズ:幅18cm×奥行き12cm×高さ13cm程度

製品寸法:ループ長さ6cm

 

生地が完成し、再入荷いたしました。2019/09/12

パンのリネン袋

パンのリネンの袋バスケット

帆布のようなリネン100%の厚手生地は、もともと、ある業務用に特注でオーダーされたことがきっかけの、特別な生地。非常に厚地のリネン生地を活かして、パンを食べるシーンをイメージして作りました。

パンとリネン。製造工程でもリネン生地が使われることが多く、相性の良い組み合わせです。

リネン100%の厚手生地を、シンプルにマチ付きの袋状に仕立てています。

食卓では、くるくる巻いてパンのバスケットに。折込方や巻き方により高さはある程度調節できますが、くるくる巻かなければ、ちょうど一般的な食パン1斤が入るくらいのサイズです。

焼きたてや、温めたりしたパンはほのかに湯気が立ちますが、リネン生地はその湯気と熱をしっかり逃がすので、美味しくいただけます。焼きたてのバゲットやロールパンなどをざくざく入れていただくのもおすすめです。

 

家だけではなく、外でもお使いいただけます。お出かけ先でパンを買ってそのまま中に入れていただき、上の余布部分を折り曲げたり、ひもで巻いたり、クリップでとめていただいて、簡単なリネン袋としても使っていただけます。ピクニックにも良いですね。サイズが合いましたら、お弁当箱と何かを一緒に入れていただいても便利です。

もちろん、食べ物に限らず、リネンの布袋としてお使いいただいても。

番外編としては、キッチンやダイニング、リビングで、ちょっとしたものを入れるケースとして。シンプルな生成りのリネン生地なので、木のテーブルやインテリアにはしっくり馴染みます。

パンのリネンの袋バスケット

パンのリネンの袋バスケット

くるくると巻かずに立てると、このような状態に。上が開きっ放しのシンプルな形です。コットン素材のループで、掛けて収納したり、乾かしたり。巻いて使うときは折り込まれるので、邪魔にならずに使えます。

この生地は、帆布のようなリネン100%の厚手生地。太い20番手ほどのリネン糸を撚り合わせて、超高密度に織っています。一見リネンとは思えない、コットンキャンバスか帆布のような糸の太さと生地の密度ですが、コットンとは触り心地や質感が異なり、独特な上質な滑らかさと風合いがあります。染めはしておらず、リネンそのままの生成りの色です。生地の柔軟加工や糊付け仕上げなどもしておらず、織機からおろしたそのままの状態。この生地を1枚使いで、バイアステープを使わず、リネン100%生地をそのままシンプルな形の袋にしています。ざくざくとそのままパンや食材を入れてください。

生地の良さをストレートに活かして、丈夫で手入れもしやすいよう、シンプルな素材使いと構造になっています。上質で丈夫なリネン生地を、長く、育てながらお使いいただけるかと思います。使用しているうちに、少しずつ、柔らかく変化してゆきます。

特別なお手入れは不要ですが、洗濯方法等に関して、ページ下部にてご案内しております。

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

もともとサイズはこちらのLサイズの1種類でしたが、飲食店からのご要望を受け、小さなサイズ2つを追加し、全部で3サイズあります。写真右からS、M、Lサイズです。S、Mサイズは、カフェやイタリアンなど、2人席テーブル用に、カットしたバゲットを1人か2人分をサーブして使われていることが多いです。

一番下、裏面の写真だけ順番が逆になってしまいましたが、左からS、M、L。製品自体のそれぞれの差をイメージいただけるかと思います。写真の通り、SとMは、生地量もほとんど変わりません。Sは、この生地と縫製仕様で可能な最小サイズです。
底面 S:12×12cm M:12×15
と、3cm差です。この差もありますが、Sは正方形ですので、立てた時の形が少し異なります。

お手入れ
パンを入れる用途ですので、パン屑などをはたいて取っていただき、そのままお使いいただく方が多いです。菓子パンや油分の強いパンは、シミがつく可能性が高いので、ご注意ください。汚れが気になるときは水やぬるま湯で洗うことをおすすめします。
それでも取れない油染みなどは、洗剤洗いも可能です。リネン100%生地に縫製をしておりシンプルな布製品ですので、生地と製品としては問題ありません。ただ、食べ物を直接入れますので、個人のお好みとご判断にお任せしています。(洗剤で洗ったテーブルクロスや布ものにパンをのせることと変わらないので、基本的に大きな問題はないと思っております)
なお、お洗濯の際、乾燥機、漂白剤、柔軟剤、蛍光増白剤などの使用は、生地の風合いが損なわれる可能性が高いため、お避けください。

本体:リネン100% ループ:コットン100%

 

写真の状態に立てた時のサイズ:幅18cm×奥行き12cm×高さ13cm程度

製品寸法:ループ長さ6cm

 

生地が完成し、再入荷いたしました。2019/09/12

パンのリネン袋

パンのリネンの袋バスケット

帆布のようなリネン100%の厚手生地は、もともと、ある業務用に特注でオーダーされたことがきっかけの、特別な生地。非常に厚地のリネン生地を活かして、パンを食べるシーンをイメージして作りました。

パンとリネン。製造工程でもリネン生地が使われることが多く、相性の良い組み合わせです。

リネン100%の厚手生地を、シンプルにマチ付きの袋状に仕立てています。

食卓では、くるくる巻いてパンのバスケットに。折込方や巻き方により高さはある程度調節できますが、くるくる巻かなければ、ちょうど一般的な食パン1斤が入るくらいのサイズです。

焼きたてや、温めたりしたパンはほのかに湯気が立ちますが、リネン生地はその湯気と熱をしっかり逃がすので、美味しくいただけます。焼きたてのバゲットやロールパンなどをざくざく入れていただくのもおすすめです。

 

家だけではなく、外でもお使いいただけます。お出かけ先でパンを買ってそのまま中に入れていただき、上の余布部分を折り曲げたり、ひもで巻いたり、クリップでとめていただいて、簡単なリネン袋としても使っていただけます。ピクニックにも良いですね。サイズが合いましたら、お弁当箱と何かを一緒に入れていただいても便利です。

もちろん、食べ物に限らず、リネンの布袋としてお使いいただいても。

番外編としては、キッチンやダイニング、リビングで、ちょっとしたものを入れるケースとして。シンプルな生成りのリネン生地なので、木のテーブルやインテリアにはしっくり馴染みます。

パンのリネンの袋バスケット

パンのリネンの袋バスケット

くるくると巻かずに立てると、このような状態に。上が開きっ放しのシンプルな形です。コットン素材のループで、掛けて収納したり、乾かしたり。巻いて使うときは折り込まれるので、邪魔にならずに使えます。

この生地は、帆布のようなリネン100%の厚手生地。太い20番手ほどのリネン糸を撚り合わせて、超高密度に織っています。一見リネンとは思えない、コットンキャンバスか帆布のような糸の太さと生地の密度ですが、コットンとは触り心地や質感が異なり、独特な上質な滑らかさと風合いがあります。染めはしておらず、リネンそのままの生成りの色です。生地の柔軟加工や糊付け仕上げなどもしておらず、織機からおろしたそのままの状態。この生地を1枚使いで、バイアステープを使わず、リネン100%生地をそのままシンプルな形の袋にしています。ざくざくとそのままパンや食材を入れてください。

生地の良さをストレートに活かして、丈夫で手入れもしやすいよう、シンプルな素材使いと構造になっています。上質で丈夫なリネン生地を、長く、育てながらお使いいただけるかと思います。使用しているうちに、少しずつ、柔らかく変化してゆきます。

特別なお手入れは不要ですが、洗濯方法等に関して、ページ下部にてご案内しております。

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

もともとサイズはこちらのLサイズの1種類でしたが、飲食店からのご要望を受け、小さなサイズ2つを追加し、全部で3サイズあります。写真右からS、M、Lサイズです。S、Mサイズは、カフェやイタリアンなど、2人席テーブル用に、カットしたバゲットを1人か2人分をサーブして使われていることが多いです。

一番下、裏面の写真だけ順番が逆になってしまいましたが、左からS、M、L。製品自体のそれぞれの差をイメージいただけるかと思います。写真の通り、SとMは、生地量もほとんど変わりません。Sは、この生地と縫製仕様で可能な最小サイズです。
底面 S:12×12cm M:12×15
と、3cm差です。この差もありますが、Sは正方形ですので、立てた時の形が少し異なります。

お手入れ
パンを入れる用途ですので、パン屑などをはたいて取っていただき、そのままお使いいただく方が多いです。菓子パンや油分の強いパンは、シミがつく可能性が高いので、ご注意ください。汚れが気になるときは水やぬるま湯で洗うことをおすすめします。
それでも取れない油染みなどは、洗剤洗いも可能です。リネン100%生地に縫製をしておりシンプルな布製品ですので、生地と製品としては問題ありません。ただ、食べ物を直接入れますので、個人のお好みとご判断にお任せしています。(洗剤で洗ったテーブルクロスや布ものにパンをのせることと変わらないので、基本的に大きな問題はないと思っております)
なお、お洗濯の際、乾燥機、漂白剤、柔軟剤、蛍光増白剤などの使用は、生地の風合いが損なわれる可能性が高いため、お避けください。

本体:リネン100% ループ:コットン100%

 

写真の状態に立てた時のサイズ:幅18cm×奥行き12cm×高さ13cm程度

製品寸法:ループ長さ6cm

 

生地が完成し、再入荷いたしました。2019/09/12

パンのリネン袋

パンのリネンの袋バスケット

帆布のようなリネン100%の厚手生地は、もともと、ある業務用に特注でオーダーされたことがきっかけの、特別な生地。非常に厚地のリネン生地を活かして、パンを食べるシーンをイメージして作りました。

パンとリネン。製造工程でもリネン生地が使われることが多く、相性の良い組み合わせです。

リネン100%の厚手生地を、シンプルにマチ付きの袋状に仕立てています。

食卓では、くるくる巻いてパンのバスケットに。折込方や巻き方により高さはある程度調節できますが、くるくる巻かなければ、ちょうど一般的な食パン1斤が入るくらいのサイズです。

焼きたてや、温めたりしたパンはほのかに湯気が立ちますが、リネン生地はその湯気と熱をしっかり逃がすので、美味しくいただけます。焼きたてのバゲットやロールパンなどをざくざく入れていただくのもおすすめです。

 

家だけではなく、外でもお使いいただけます。お出かけ先でパンを買ってそのまま中に入れていただき、上の余布部分を折り曲げたり、ひもで巻いたり、クリップでとめていただいて、簡単なリネン袋としても使っていただけます。ピクニックにも良いですね。サイズが合いましたら、お弁当箱と何かを一緒に入れていただいても便利です。

もちろん、食べ物に限らず、リネンの布袋としてお使いいただいても。

番外編としては、キッチンやダイニング、リビングで、ちょっとしたものを入れるケースとして。シンプルな生成りのリネン生地なので、木のテーブルやインテリアにはしっくり馴染みます。

パンのリネンの袋バスケット

パンのリネンの袋バスケット

くるくると巻かずに立てると、このような状態に。上が開きっ放しのシンプルな形です。コットン素材のループで、掛けて収納したり、乾かしたり。巻いて使うときは折り込まれるので、邪魔にならずに使えます。

この生地は、帆布のようなリネン100%の厚手生地。太い20番手ほどのリネン糸を撚り合わせて、超高密度に織っています。一見リネンとは思えない、コットンキャンバスか帆布のような糸の太さと生地の密度ですが、コットンとは触り心地や質感が異なり、独特な上質な滑らかさと風合いがあります。染めはしておらず、リネンそのままの生成りの色です。生地の柔軟加工や糊付け仕上げなどもしておらず、織機からおろしたそのままの状態。この生地を1枚使いで、バイアステープを使わず、リネン100%生地をそのままシンプルな形の袋にしています。ざくざくとそのままパンや食材を入れてください。

生地の良さをストレートに活かして、丈夫で手入れもしやすいよう、シンプルな素材使いと構造になっています。上質で丈夫なリネン生地を、長く、育てながらお使いいただけるかと思います。使用しているうちに、少しずつ、柔らかく変化してゆきます。

特別なお手入れは不要ですが、洗濯方法等に関して、ページ下部にてご案内しております。

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

パンのリネンの袋バスケット3サイズ

もともとサイズはこちらのLサイズの1種類でしたが、飲食店からのご要望を受け、小さなサイズ2つを追加し、全部で3サイズあります。写真右からS、M、Lサイズです。S、Mサイズは、カフェやイタリアンなど、2人席テーブル用に、カットしたバゲットを1人か2人分をサーブして使われていることが多いです。

一番下、裏面の写真だけ順番が逆になってしまいましたが、左からS、M、L。製品自体のそれぞれの差をイメージいただけるかと思います。写真の通り、SとMは、生地量もほとんど変わりません。Sは、この生地と縫製仕様で可能な最小サイズです。
底面 S:12×12cm M:12×15
と、3cm差です。この差もありますが、Sは正方形ですので、立てた時の形が少し異なります。

お手入れ
パンを入れる用途ですので、パン屑などをはたいて取っていただき、そのままお使いいただく方が多いです。菓子パンや油分の強いパンは、シミがつく可能性が高いので、ご注意ください。汚れが気になるときは水やぬるま湯で洗うことをおすすめします。
それでも取れない油染みなどは、洗剤洗いも可能です。リネン100%生地に縫製をしておりシンプルな布製品ですので、生地と製品としては問題ありません。ただ、食べ物を直接入れますので、個人のお好みとご判断にお任せしています。(洗剤で洗ったテーブルクロスや布ものにパンをのせることと変わらないので、基本的に大きな問題はないと思っております)
なお、お洗濯の際、乾燥機、漂白剤、柔軟剤、蛍光増白剤などの使用は、生地の風合いが損なわれる可能性が高いため、お避けください。