曲げわっぱ 楕円弁当箱(中)

販売価格
8,100円
購入数

側板:木曽ひのき 蓋・底板:木曽さわら 合わせ目のつなぎ:山桜の皮 仕上げ:拭き漆 国産材

幅18×奥行き12×高さ5.5cm (容量:約570ml)

使う場面の多さと扱いやすさ。毎日使う曲げわっぱ

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋たてかけ

-------------------------------------------------------
以前、同じ職人の丸型の弁当箱を販売しておりましたが、製作継続が困難になりました。過去に丸型のご予約をいただいていたお客様への代替ご提案商品として、こちらの楕円形のページを作成しております。形と容量は変わりましたが、材料や拭き漆仕上げなどの仕様は同じです。なお、この楕円形も数量が限られており今後の製作見通しはついておりません。恐れ入りますが、新たにご注文はいただけません。予約をされ、個別に当店よりご連絡差し上げたお客様の注文手続きページとなります。
ご注文が入った場合は、お取引キャンセルとさせていただきますので、誠に恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。
-------------------------------------------------------

長野の木曽地方で作られるこの曲げわっぱは、仕上げは拭き漆。長野では、曲げ物だけでなく古くから漆器生産が盛んでした。

漆を塗らず、白木のままですと、色がついたり、水に弱かったり、日用使いにはなかなか気を遣ってしまうもの。

本製品は拭き漆仕上げのため、ウレタン塗装やコーティングをすることなく、木の素材と天然素材のみで、水にも強くお使いいただけます。加えて、非常に軽いため、素材感、使い勝手ともに優れています。

白木ほど熱を逃がしすぎず、漆により材自体の密閉度は高いため、普段使いの弁当箱として非常に使いやすいです。(蓋との合わせは密閉はしませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。)

楕円形ですので、持ち運びにも便利です。本体と同じ材と拭き漆仕上げの仕切り板がついていて、ご飯とおかずを分けられます。

蓋が深いのも特徴的。しっかり蓋をかぶせられて、空いた蓋は器のように使っても。

洗うときは、洗剤は全く問題ありません。硬いブラシだけは避けていただき、スポンジやアクリルたわしなどで洗ってください。洗い終わったあとは、すぐに拭き取っていただくと水滴の跡も残らず綺麗に使えますが、そのままでもカビなどの心配はほとんどありません。

使い終わった後や、収納時は、重ねて省スペースにできます。

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋しめ

その昔、茶積みをする際に使われた弁当箱が原型になっています。また、かつてお弁当をお茶漬けにしたり、食べ終わった後に湯のみとして使われていたことから、蓋が深い形になっており、開けた蓋も器としてお使いいただけます。

木地の素材は木曽の木材で、製品に使える良好な材料のみを選んで使っています。側板は曲げられるしなやかさを持つ木曽ひのき、蓋と底板は香りもマイルドで淡白な材の木曽さわら、合わせ目のつなぎは山桜の皮。それぞれの木材には理由があり、適材適所で用いられます。

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

小中大の3サイズあります。

こちらは、真ん中の中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱中サイズ使用イメージ

こちらの盛り付け写真は中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱小中大3サイズ入れ子重ね

小中大で、このように重ねられます。

お手入れ
硬いブラシの使用は避けてください。漆が剥げてしまう可能性があります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬くないブラシ洗いや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
密閉はできませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
ご希望の色や木目がございましたら、備考欄にてご連絡ください。「色が濃いもの」「木目が大きなもの」など、ご注文時に在庫にある中からできるだけ近いものをお選びします。在庫の中から選びますので、完全には希望に沿えない可能性がありますので、予めご了承ください。

-

15,000円以上(クリックポストは10,000円)ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

側板:木曽ひのき 蓋・底板:木曽さわら 合わせ目のつなぎ:山桜の皮 仕上げ:拭き漆 国産材

幅18×奥行き12×高さ5.5cm (容量:約570ml)

使う場面の多さと扱いやすさ。毎日使う曲げわっぱ

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋たてかけ

-------------------------------------------------------
以前、同じ職人の丸型の弁当箱を販売しておりましたが、製作継続が困難になりました。過去に丸型のご予約をいただいていたお客様への代替ご提案商品として、こちらの楕円形のページを作成しております。形と容量は変わりましたが、材料や拭き漆仕上げなどの仕様は同じです。なお、この楕円形も数量が限られており今後の製作見通しはついておりません。恐れ入りますが、新たにご注文はいただけません。予約をされ、個別に当店よりご連絡差し上げたお客様の注文手続きページとなります。
ご注文が入った場合は、お取引キャンセルとさせていただきますので、誠に恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。
-------------------------------------------------------

長野の木曽地方で作られるこの曲げわっぱは、仕上げは拭き漆。長野では、曲げ物だけでなく古くから漆器生産が盛んでした。

漆を塗らず、白木のままですと、色がついたり、水に弱かったり、日用使いにはなかなか気を遣ってしまうもの。

本製品は拭き漆仕上げのため、ウレタン塗装やコーティングをすることなく、木の素材と天然素材のみで、水にも強くお使いいただけます。加えて、非常に軽いため、素材感、使い勝手ともに優れています。

白木ほど熱を逃がしすぎず、漆により材自体の密閉度は高いため、普段使いの弁当箱として非常に使いやすいです。(蓋との合わせは密閉はしませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。)

楕円形ですので、持ち運びにも便利です。本体と同じ材と拭き漆仕上げの仕切り板がついていて、ご飯とおかずを分けられます。

蓋が深いのも特徴的。しっかり蓋をかぶせられて、空いた蓋は器のように使っても。

洗うときは、洗剤は全く問題ありません。硬いブラシだけは避けていただき、スポンジやアクリルたわしなどで洗ってください。洗い終わったあとは、すぐに拭き取っていただくと水滴の跡も残らず綺麗に使えますが、そのままでもカビなどの心配はほとんどありません。

使い終わった後や、収納時は、重ねて省スペースにできます。

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋しめ

その昔、茶積みをする際に使われた弁当箱が原型になっています。また、かつてお弁当をお茶漬けにしたり、食べ終わった後に湯のみとして使われていたことから、蓋が深い形になっており、開けた蓋も器としてお使いいただけます。

木地の素材は木曽の木材で、製品に使える良好な材料のみを選んで使っています。側板は曲げられるしなやかさを持つ木曽ひのき、蓋と底板は香りもマイルドで淡白な材の木曽さわら、合わせ目のつなぎは山桜の皮。それぞれの木材には理由があり、適材適所で用いられます。

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

小中大の3サイズあります。

こちらは、真ん中の中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱中サイズ使用イメージ

こちらの盛り付け写真は中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱小中大3サイズ入れ子重ね

小中大で、このように重ねられます。

お手入れ
硬いブラシの使用は避けてください。漆が剥げてしまう可能性があります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬くないブラシ洗いや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
密閉はできませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
ご希望の色や木目がございましたら、備考欄にてご連絡ください。「色が濃いもの」「木目が大きなもの」など、ご注文時に在庫にある中からできるだけ近いものをお選びします。在庫の中から選びますので、完全には希望に沿えない可能性がありますので、予めご了承ください。

STORY

側板:木曽ひのき 蓋・底板:木曽さわら 合わせ目のつなぎ:山桜の皮 仕上げ:拭き漆 国産材

幅18×奥行き12×高さ5.5cm (容量:約570ml)

使う場面の多さと扱いやすさ。毎日使う曲げわっぱ

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋たてかけ

-------------------------------------------------------
以前、同じ職人の丸型の弁当箱を販売しておりましたが、製作継続が困難になりました。過去に丸型のご予約をいただいていたお客様への代替ご提案商品として、こちらの楕円形のページを作成しております。形と容量は変わりましたが、材料や拭き漆仕上げなどの仕様は同じです。なお、この楕円形も数量が限られており今後の製作見通しはついておりません。恐れ入りますが、新たにご注文はいただけません。予約をされ、個別に当店よりご連絡差し上げたお客様の注文手続きページとなります。
ご注文が入った場合は、お取引キャンセルとさせていただきますので、誠に恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。
-------------------------------------------------------

長野の木曽地方で作られるこの曲げわっぱは、仕上げは拭き漆。長野では、曲げ物だけでなく古くから漆器生産が盛んでした。

漆を塗らず、白木のままですと、色がついたり、水に弱かったり、日用使いにはなかなか気を遣ってしまうもの。

本製品は拭き漆仕上げのため、ウレタン塗装やコーティングをすることなく、木の素材と天然素材のみで、水にも強くお使いいただけます。加えて、非常に軽いため、素材感、使い勝手ともに優れています。

白木ほど熱を逃がしすぎず、漆により材自体の密閉度は高いため、普段使いの弁当箱として非常に使いやすいです。(蓋との合わせは密閉はしませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。)

楕円形ですので、持ち運びにも便利です。本体と同じ材と拭き漆仕上げの仕切り板がついていて、ご飯とおかずを分けられます。

蓋が深いのも特徴的。しっかり蓋をかぶせられて、空いた蓋は器のように使っても。

洗うときは、洗剤は全く問題ありません。硬いブラシだけは避けていただき、スポンジやアクリルたわしなどで洗ってください。洗い終わったあとは、すぐに拭き取っていただくと水滴の跡も残らず綺麗に使えますが、そのままでもカビなどの心配はほとんどありません。

使い終わった後や、収納時は、重ねて省スペースにできます。

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋しめ

その昔、茶積みをする際に使われた弁当箱が原型になっています。また、かつてお弁当をお茶漬けにしたり、食べ終わった後に湯のみとして使われていたことから、蓋が深い形になっており、開けた蓋も器としてお使いいただけます。

木地の素材は木曽の木材で、製品に使える良好な材料のみを選んで使っています。側板は曲げられるしなやかさを持つ木曽ひのき、蓋と底板は香りもマイルドで淡白な材の木曽さわら、合わせ目のつなぎは山桜の皮。それぞれの木材には理由があり、適材適所で用いられます。

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

小中大の3サイズあります。

こちらは、真ん中の中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱中サイズ使用イメージ

こちらの盛り付け写真は中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱小中大3サイズ入れ子重ね

小中大で、このように重ねられます。

お手入れ
硬いブラシの使用は避けてください。漆が剥げてしまう可能性があります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬くないブラシ洗いや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
密閉はできませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
ご希望の色や木目がございましたら、備考欄にてご連絡ください。「色が濃いもの」「木目が大きなもの」など、ご注文時に在庫にある中からできるだけ近いものをお選びします。在庫の中から選びますので、完全には希望に沿えない可能性がありますので、予めご了承ください。

側板:木曽ひのき 蓋・底板:木曽さわら 合わせ目のつなぎ:山桜の皮 仕上げ:拭き漆 国産材

幅18×奥行き12×高さ5.5cm (容量:約570ml)

使う場面の多さと扱いやすさ。毎日使う曲げわっぱ

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋たてかけ

-------------------------------------------------------
以前、同じ職人の丸型の弁当箱を販売しておりましたが、製作継続が困難になりました。過去に丸型のご予約をいただいていたお客様への代替ご提案商品として、こちらの楕円形のページを作成しております。形と容量は変わりましたが、材料や拭き漆仕上げなどの仕様は同じです。なお、この楕円形も数量が限られており今後の製作見通しはついておりません。恐れ入りますが、新たにご注文はいただけません。予約をされ、個別に当店よりご連絡差し上げたお客様の注文手続きページとなります。
ご注文が入った場合は、お取引キャンセルとさせていただきますので、誠に恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。
-------------------------------------------------------

長野の木曽地方で作られるこの曲げわっぱは、仕上げは拭き漆。長野では、曲げ物だけでなく古くから漆器生産が盛んでした。

漆を塗らず、白木のままですと、色がついたり、水に弱かったり、日用使いにはなかなか気を遣ってしまうもの。

本製品は拭き漆仕上げのため、ウレタン塗装やコーティングをすることなく、木の素材と天然素材のみで、水にも強くお使いいただけます。加えて、非常に軽いため、素材感、使い勝手ともに優れています。

白木ほど熱を逃がしすぎず、漆により材自体の密閉度は高いため、普段使いの弁当箱として非常に使いやすいです。(蓋との合わせは密閉はしませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。)

楕円形ですので、持ち運びにも便利です。本体と同じ材と拭き漆仕上げの仕切り板がついていて、ご飯とおかずを分けられます。

蓋が深いのも特徴的。しっかり蓋をかぶせられて、空いた蓋は器のように使っても。

洗うときは、洗剤は全く問題ありません。硬いブラシだけは避けていただき、スポンジやアクリルたわしなどで洗ってください。洗い終わったあとは、すぐに拭き取っていただくと水滴の跡も残らず綺麗に使えますが、そのままでもカビなどの心配はほとんどありません。

使い終わった後や、収納時は、重ねて省スペースにできます。

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋しめ

その昔、茶積みをする際に使われた弁当箱が原型になっています。また、かつてお弁当をお茶漬けにしたり、食べ終わった後に湯のみとして使われていたことから、蓋が深い形になっており、開けた蓋も器としてお使いいただけます。

木地の素材は木曽の木材で、製品に使える良好な材料のみを選んで使っています。側板は曲げられるしなやかさを持つ木曽ひのき、蓋と底板は香りもマイルドで淡白な材の木曽さわら、合わせ目のつなぎは山桜の皮。それぞれの木材には理由があり、適材適所で用いられます。

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

小中大の3サイズあります。

こちらは、真ん中の中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱中サイズ使用イメージ

こちらの盛り付け写真は中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱小中大3サイズ入れ子重ね

小中大で、このように重ねられます。

お手入れ
硬いブラシの使用は避けてください。漆が剥げてしまう可能性があります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬くないブラシ洗いや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
密閉はできませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
ご希望の色や木目がございましたら、備考欄にてご連絡ください。「色が濃いもの」「木目が大きなもの」など、ご注文時に在庫にある中からできるだけ近いものをお選びします。在庫の中から選びますので、完全には希望に沿えない可能性がありますので、予めご了承ください。

側板:木曽ひのき 蓋・底板:木曽さわら 合わせ目のつなぎ:山桜の皮 仕上げ:拭き漆 国産材

幅18×奥行き12×高さ5.5cm (容量:約570ml)

使う場面の多さと扱いやすさ。毎日使う曲げわっぱ

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋たてかけ

-------------------------------------------------------
以前、同じ職人の丸型の弁当箱を販売しておりましたが、製作継続が困難になりました。過去に丸型のご予約をいただいていたお客様への代替ご提案商品として、こちらの楕円形のページを作成しております。形と容量は変わりましたが、材料や拭き漆仕上げなどの仕様は同じです。なお、この楕円形も数量が限られており今後の製作見通しはついておりません。恐れ入りますが、新たにご注文はいただけません。予約をされ、個別に当店よりご連絡差し上げたお客様の注文手続きページとなります。
ご注文が入った場合は、お取引キャンセルとさせていただきますので、誠に恐れ入りますが、予めご了承くださいませ。
-------------------------------------------------------

長野の木曽地方で作られるこの曲げわっぱは、仕上げは拭き漆。長野では、曲げ物だけでなく古くから漆器生産が盛んでした。

漆を塗らず、白木のままですと、色がついたり、水に弱かったり、日用使いにはなかなか気を遣ってしまうもの。

本製品は拭き漆仕上げのため、ウレタン塗装やコーティングをすることなく、木の素材と天然素材のみで、水にも強くお使いいただけます。加えて、非常に軽いため、素材感、使い勝手ともに優れています。

白木ほど熱を逃がしすぎず、漆により材自体の密閉度は高いため、普段使いの弁当箱として非常に使いやすいです。(蓋との合わせは密閉はしませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。)

楕円形ですので、持ち運びにも便利です。本体と同じ材と拭き漆仕上げの仕切り板がついていて、ご飯とおかずを分けられます。

蓋が深いのも特徴的。しっかり蓋をかぶせられて、空いた蓋は器のように使っても。

洗うときは、洗剤は全く問題ありません。硬いブラシだけは避けていただき、スポンジやアクリルたわしなどで洗ってください。洗い終わったあとは、すぐに拭き取っていただくと水滴の跡も残らず綺麗に使えますが、そのままでもカビなどの心配はほとんどありません。

使い終わった後や、収納時は、重ねて省スペースにできます。

曲げわっぱ弁当箱小サイズ 蓋しめ

その昔、茶積みをする際に使われた弁当箱が原型になっています。また、かつてお弁当をお茶漬けにしたり、食べ終わった後に湯のみとして使われていたことから、蓋が深い形になっており、開けた蓋も器としてお使いいただけます。

木地の素材は木曽の木材で、製品に使える良好な材料のみを選んで使っています。側板は曲げられるしなやかさを持つ木曽ひのき、蓋と底板は香りもマイルドで淡白な材の木曽さわら、合わせ目のつなぎは山桜の皮。それぞれの木材には理由があり、適材適所で用いられます。

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

曲げわっぱ弁当箱 小中大3サイズ

小中大の3サイズあります。

こちらは、真ん中の中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱中サイズ使用イメージ

こちらの盛り付け写真は中サイズです。

曲げわっぱ弁当箱小中大3サイズ入れ子重ね

小中大で、このように重ねられます。

お手入れ
硬いブラシの使用は避けてください。漆が剥げてしまう可能性があります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬くないブラシ洗いや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
密閉はできませんので、お弁当など持ち運ぶ際、汁気が出るものはお避け下さい。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
ご希望の色や木目がございましたら、備考欄にてご連絡ください。「色が濃いもの」「木目が大きなもの」など、ご注文時に在庫にある中からできるだけ近いものをお選びします。在庫の中から選びますので、完全には希望に沿えない可能性がありますので、予めご了承ください。