【new】リネンコットンの巾着袋 green×blue

在庫状況 在庫 3 個
販売価格
2,160円
購入数

本体:リネン50%、コットン50%
留め具:レザー
紐:コットン

 

本体:幅18×奥行き18×高さ20cm(トップ写真の物を詰めた状態)
紐全長:約50cm

円筒形の巾着袋

リネンコットン巾着袋レザー浴衣

リネンコットン巾着袋レザー留め具

リネンコットン巾着袋切り替え

リネンコットン巾着袋マチ

リネンコットンの巾着袋。マチたっぷりの筒型で、これだけで持っていただいてもかわいい大きさ。チェック柄が活きるような生地の切り替え、紐は手作りのレザー留め具で締められます。

 

製作は、お客さん一人一人と話し合って洋服や布製品のお直しを行う"ちくちく"のちくみほさん。お直しといっても、着る人に合わせたプラスアルファのデザインや直し方で、オリジナリティある素敵な活動をされています。今回は、PINTで使っている生地を使った製作を相談して出来上がったのが、こちらの巾着袋。デザインと縫製以外にも、レザー留め具もちくさんご自身で作ってくださっています。

生地は、麻織りの本場、滋賀県近江で織られた先染めチェックの織物。コレクションブランドの生地も織る機元ならではの色とパターン柄で、上質な糸の生地をお楽しみいただけます。リネン50%、コットン50%の肌触り柔らかな生地です。

近江はリネンの織物がメインの産地ですが、コットンを入れることでリネンだけでは出しにくい柔らかさが生まれます。

麻の本場、滋賀県の近江で織られた生地。琵琶湖湖畔のこの地域では、水も綺麗なことから昔から染めが行われ、美しい麻織物を続けられてきました。糸の段階で染めた先染めの織り柄が、近江の麻の特長的な織物とも言われます。

先染めの糸色が綺麗に出ていて、コレクションブランドやヨーロッパのブランドへの生地を中心に織る織元ならではの色使いの生地です。

生地の柄と素材感が楽しめる、シンプルで楽しい巾着になりました。小さなバッグとして、小分けの袋として、室内では巾着紐で掛けておいてもかわいいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

-

15,000円以上(クリックポストは10,000円)ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

本体:リネン50%、コットン50%
留め具:レザー
紐:コットン

 

本体:幅18×奥行き18×高さ20cm(トップ写真の物を詰めた状態)
紐全長:約50cm

円筒形の巾着袋

リネンコットン巾着袋レザー浴衣

リネンコットン巾着袋レザー留め具

リネンコットン巾着袋切り替え

リネンコットン巾着袋マチ

リネンコットンの巾着袋。マチたっぷりの筒型で、これだけで持っていただいてもかわいい大きさ。チェック柄が活きるような生地の切り替え、紐は手作りのレザー留め具で締められます。

 

製作は、お客さん一人一人と話し合って洋服や布製品のお直しを行う"ちくちく"のちくみほさん。お直しといっても、着る人に合わせたプラスアルファのデザインや直し方で、オリジナリティある素敵な活動をされています。今回は、PINTで使っている生地を使った製作を相談して出来上がったのが、こちらの巾着袋。デザインと縫製以外にも、レザー留め具もちくさんご自身で作ってくださっています。

生地は、麻織りの本場、滋賀県近江で織られた先染めチェックの織物。コレクションブランドの生地も織る機元ならではの色とパターン柄で、上質な糸の生地をお楽しみいただけます。リネン50%、コットン50%の肌触り柔らかな生地です。

近江はリネンの織物がメインの産地ですが、コットンを入れることでリネンだけでは出しにくい柔らかさが生まれます。

麻の本場、滋賀県の近江で織られた生地。琵琶湖湖畔のこの地域では、水も綺麗なことから昔から染めが行われ、美しい麻織物を続けられてきました。糸の段階で染めた先染めの織り柄が、近江の麻の特長的な織物とも言われます。

先染めの糸色が綺麗に出ていて、コレクションブランドやヨーロッパのブランドへの生地を中心に織る織元ならではの色使いの生地です。

生地の柄と素材感が楽しめる、シンプルで楽しい巾着になりました。小さなバッグとして、小分けの袋として、室内では巾着紐で掛けておいてもかわいいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

STORY

本体:リネン50%、コットン50%
留め具:レザー
紐:コットン

 

本体:幅18×奥行き18×高さ20cm(トップ写真の物を詰めた状態)
紐全長:約50cm

円筒形の巾着袋

リネンコットン巾着袋レザー浴衣

リネンコットン巾着袋レザー留め具

リネンコットン巾着袋切り替え

リネンコットン巾着袋マチ

リネンコットンの巾着袋。マチたっぷりの筒型で、これだけで持っていただいてもかわいい大きさ。チェック柄が活きるような生地の切り替え、紐は手作りのレザー留め具で締められます。

 

製作は、お客さん一人一人と話し合って洋服や布製品のお直しを行う"ちくちく"のちくみほさん。お直しといっても、着る人に合わせたプラスアルファのデザインや直し方で、オリジナリティある素敵な活動をされています。今回は、PINTで使っている生地を使った製作を相談して出来上がったのが、こちらの巾着袋。デザインと縫製以外にも、レザー留め具もちくさんご自身で作ってくださっています。

生地は、麻織りの本場、滋賀県近江で織られた先染めチェックの織物。コレクションブランドの生地も織る機元ならではの色とパターン柄で、上質な糸の生地をお楽しみいただけます。リネン50%、コットン50%の肌触り柔らかな生地です。

近江はリネンの織物がメインの産地ですが、コットンを入れることでリネンだけでは出しにくい柔らかさが生まれます。

麻の本場、滋賀県の近江で織られた生地。琵琶湖湖畔のこの地域では、水も綺麗なことから昔から染めが行われ、美しい麻織物を続けられてきました。糸の段階で染めた先染めの織り柄が、近江の麻の特長的な織物とも言われます。

先染めの糸色が綺麗に出ていて、コレクションブランドやヨーロッパのブランドへの生地を中心に織る織元ならではの色使いの生地です。

生地の柄と素材感が楽しめる、シンプルで楽しい巾着になりました。小さなバッグとして、小分けの袋として、室内では巾着紐で掛けておいてもかわいいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

本体:リネン50%、コットン50%
留め具:レザー
紐:コットン

 

本体:幅18×奥行き18×高さ20cm(トップ写真の物を詰めた状態)
紐全長:約50cm

円筒形の巾着袋

リネンコットン巾着袋レザー浴衣

リネンコットン巾着袋レザー留め具

リネンコットン巾着袋切り替え

リネンコットン巾着袋マチ

リネンコットンの巾着袋。マチたっぷりの筒型で、これだけで持っていただいてもかわいい大きさ。チェック柄が活きるような生地の切り替え、紐は手作りのレザー留め具で締められます。

 

製作は、お客さん一人一人と話し合って洋服や布製品のお直しを行う"ちくちく"のちくみほさん。お直しといっても、着る人に合わせたプラスアルファのデザインや直し方で、オリジナリティある素敵な活動をされています。今回は、PINTで使っている生地を使った製作を相談して出来上がったのが、こちらの巾着袋。デザインと縫製以外にも、レザー留め具もちくさんご自身で作ってくださっています。

生地は、麻織りの本場、滋賀県近江で織られた先染めチェックの織物。コレクションブランドの生地も織る機元ならではの色とパターン柄で、上質な糸の生地をお楽しみいただけます。リネン50%、コットン50%の肌触り柔らかな生地です。

近江はリネンの織物がメインの産地ですが、コットンを入れることでリネンだけでは出しにくい柔らかさが生まれます。

麻の本場、滋賀県の近江で織られた生地。琵琶湖湖畔のこの地域では、水も綺麗なことから昔から染めが行われ、美しい麻織物を続けられてきました。糸の段階で染めた先染めの織り柄が、近江の麻の特長的な織物とも言われます。

先染めの糸色が綺麗に出ていて、コレクションブランドやヨーロッパのブランドへの生地を中心に織る織元ならではの色使いの生地です。

生地の柄と素材感が楽しめる、シンプルで楽しい巾着になりました。小さなバッグとして、小分けの袋として、室内では巾着紐で掛けておいてもかわいいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

本体:リネン50%、コットン50%
留め具:レザー
紐:コットン

 

本体:幅18×奥行き18×高さ20cm(トップ写真の物を詰めた状態)
紐全長:約50cm

円筒形の巾着袋

リネンコットン巾着袋レザー浴衣

リネンコットン巾着袋レザー留め具

リネンコットン巾着袋切り替え

リネンコットン巾着袋マチ

リネンコットンの巾着袋。マチたっぷりの筒型で、これだけで持っていただいてもかわいい大きさ。チェック柄が活きるような生地の切り替え、紐は手作りのレザー留め具で締められます。

 

製作は、お客さん一人一人と話し合って洋服や布製品のお直しを行う"ちくちく"のちくみほさん。お直しといっても、着る人に合わせたプラスアルファのデザインや直し方で、オリジナリティある素敵な活動をされています。今回は、PINTで使っている生地を使った製作を相談して出来上がったのが、こちらの巾着袋。デザインと縫製以外にも、レザー留め具もちくさんご自身で作ってくださっています。

生地は、麻織りの本場、滋賀県近江で織られた先染めチェックの織物。コレクションブランドの生地も織る機元ならではの色とパターン柄で、上質な糸の生地をお楽しみいただけます。リネン50%、コットン50%の肌触り柔らかな生地です。

近江はリネンの織物がメインの産地ですが、コットンを入れることでリネンだけでは出しにくい柔らかさが生まれます。

麻の本場、滋賀県の近江で織られた生地。琵琶湖湖畔のこの地域では、水も綺麗なことから昔から染めが行われ、美しい麻織物を続けられてきました。糸の段階で染めた先染めの織り柄が、近江の麻の特長的な織物とも言われます。

先染めの糸色が綺麗に出ていて、コレクションブランドやヨーロッパのブランドへの生地を中心に織る織元ならではの色使いの生地です。

生地の柄と素材感が楽しめる、シンプルで楽しい巾着になりました。小さなバッグとして、小分けの袋として、室内では巾着紐で掛けておいてもかわいいです。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。