【1月末完成後お届け】パンなリネンバッグ(みんなのどうぐ #08)

在庫状況 在庫 1 個
販売価格
7,500円(税抜)
購入数

本体・紐・バイアステープ:リネン100%

 

幅40cm×奥行き16.5cm×高さ30cm

パンのためのバッグ お店からテーブルまで

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

リネン帆布生地で、パンのためのバッグを作りました。

「みんなのどうぐ」プロジェクトの第8弾。PINTの店舗がある京都で、パン好きの8名と一緒に考えました。京都は、美味しいパン屋さんがたくさんあり、消費量も多いパン好きな街。パンが大好きで買うことも多いけれど、持ち帰るときに潰れたり、ビニール袋で湿気ったりしてしまう。そんな悩みから、「みんなのどうぐ」で”パンのためのバッグ”を作りたいというリクエストをいただいて、始まりました。生地素材は、PINTでブレッドバスケットやトートバッグを作っているリネン帆布を使っています。

パンを持ち運ぶときにつぶれないように、湿気らないように、家に帰って置いておいたり、食べる時まで楽しいようにと考えたら、一般的な布バッグには見られないような、新しいかたちが生まれました。

・生地 滋賀の近江で織られている、リネン100%の帆布のような厚地生地。紐も、バイアステープもリネン素材。パンをそのまま入れることもできます。

・形
食パンも入れられる広めのマチ幅と、ケーキとは違ってパンは箱には入れないため、潰さずに運ぶために考えた持ち手。バッグの中に四角い空間を作れるように考えました。

・紐
バゲットを立てて結べます。

・ポケット
少し大きめに付けた内ポケット。ピクニックのときには、カトラリーなどのパングッズを入れても。

・持ち手部分を折り返すと、袋状に。家の中ではパンを入れるバスケットとして。このとき、内側のポケットは蓋にもなります。

パンが潰れないようにと中の空間を作る構造と、食パンが2斤ほど入るの収納力。パンの持ち運びを工夫するうちに、一般的な布バッグでは見られないような、ちょっと変わった面白い形になりました。もちろん、用途はパンに限らずお使いいただけます。

パンなリネンバッグパンバッグリネン

持ち手を左右にして持つと、よりバッグ内の空間が保たれます。

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

バゲッドなどを結べる紐。他にも、細長い形のものに。

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

持ち手を2段階折れば、バスケット状に。このとき、ポケットは蓋代わりになります。

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグショルダー紐をつけて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車カゴに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車ハンドルに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグバゲット

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグパンを詰めて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグポケットにカトラリー

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグテーブルでブレッドバスケット として

完成後にも、メンバー全員で半年以上試用を続けました。企画メンバーの使用コメントです。

ーー
「特に食パンが入りやすいサイズなので、パン屋さん巡りで重宝しています。自宅では蜂蜜、未使用のジャム、バターナイフなどパンに関わるものをまとめて入れています。」

「底が平たいので、パンのみならず、ケーキや惣菜、箱入りのお菓子の差し入れなど、真っすぐ運びたいものを入れるのに重宝します。」

「パンバッグというより日常使いで使ってます。たくさん入るししっかりしています。」

「ピクニックに大活躍しています。ケータリングや外の飲食の仕事のときに、食品の運搬やディスプレーにも。」

「パンを買いに行くときは、底面に平らな竹ざるを入れて。水平が保てて、パンが崩れない、蒸れない。パンが蒸れそうな時は、ビニールの袋を開いて(バッグの口が開いていて良い)。普段のお出かけには、そのままで。携帯、お財布、スケジュール帳、ストール、エコバッグなど、普段持ち歩きたいものがすっぽり入る。自転車のハンドルにもかけやすいし、見た目も女性が持つのにちょうどいいバランスです。」

「車移動が多いので、パン屋さんに到着してからのみ使っていましたら、カタチが美しいままで…やはり見た目も素敵なので、今年旅先バッグで麻のワンピースと合わせて使いました。ストール巻き込んでもサングラスかけても似合ってました。美しいバッグです。パンを入れた使用では、ロデブとかカンパーニュみたいな、ごろんとしたパンを紙包にしてもらい、少し短めのバケットも紐で結んで入れます。」

「好きな肩紐をつけて、ショルダーバッグにしています。」
ーー

使い方も、持ち方も、皆さんばらばらで自由に使われていました。移動手段も、車では口が開いて席に置いても使いやすく、自転車には一体型の持ち手がハンドルにも掛けやすく、かごに入れるにも良いサイズ。

歩くには、手で持っても、お持ちのショルダー紐(紐を直接結んでつけたり、市販のナスカンなどで)をつけても。

良い生地と、シンプルに見えてちょっと変わったディティールとアクセントのあるバッグ。いろんな使い方で、楽しんでください。

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

【みんなのどうぐ #08】
製作期間:2018年9月-11月/全5回
企画地域:京都(PINT)

企画メンバー ゆうこさん、あゆみさん、なおこさん、ふみこさん、あいこさん、たかこさん、めぐみさん、まことさん、あかねさん
撮影 山田慎、市野亜由美、丸井優子
製作 PINT
special thanks sumaopainlotmarron's kitchen月麦の音

こちらのパンなリネンバッグの製作工程は、ブログをご覧ください。

お手入れ
柔軟剤入り洗剤や、乾燥機の使用は生地の風合いが変わり、一気に柔らかくなりますので、使用をお控えください。
生地は使用や洗いを重ねると、自立しなくなります。

-

受注製作品・予約品のお届け日程予定→最新状況一覧

15,000円以上(クリックポストは10,000円)ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

本体・紐・バイアステープ:リネン100%

 

幅40cm×奥行き16.5cm×高さ30cm

パンのためのバッグ お店からテーブルまで

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

リネン帆布生地で、パンのためのバッグを作りました。

「みんなのどうぐ」プロジェクトの第8弾。PINTの店舗がある京都で、パン好きの8名と一緒に考えました。京都は、美味しいパン屋さんがたくさんあり、消費量も多いパン好きな街。パンが大好きで買うことも多いけれど、持ち帰るときに潰れたり、ビニール袋で湿気ったりしてしまう。そんな悩みから、「みんなのどうぐ」で”パンのためのバッグ”を作りたいというリクエストをいただいて、始まりました。生地素材は、PINTでブレッドバスケットやトートバッグを作っているリネン帆布を使っています。

パンを持ち運ぶときにつぶれないように、湿気らないように、家に帰って置いておいたり、食べる時まで楽しいようにと考えたら、一般的な布バッグには見られないような、新しいかたちが生まれました。

・生地 滋賀の近江で織られている、リネン100%の帆布のような厚地生地。紐も、バイアステープもリネン素材。パンをそのまま入れることもできます。

・形
食パンも入れられる広めのマチ幅と、ケーキとは違ってパンは箱には入れないため、潰さずに運ぶために考えた持ち手。バッグの中に四角い空間を作れるように考えました。

・紐
バゲットを立てて結べます。

・ポケット
少し大きめに付けた内ポケット。ピクニックのときには、カトラリーなどのパングッズを入れても。

・持ち手部分を折り返すと、袋状に。家の中ではパンを入れるバスケットとして。このとき、内側のポケットは蓋にもなります。

パンが潰れないようにと中の空間を作る構造と、食パンが2斤ほど入るの収納力。パンの持ち運びを工夫するうちに、一般的な布バッグでは見られないような、ちょっと変わった面白い形になりました。もちろん、用途はパンに限らずお使いいただけます。

パンなリネンバッグパンバッグリネン

持ち手を左右にして持つと、よりバッグ内の空間が保たれます。

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

バゲッドなどを結べる紐。他にも、細長い形のものに。

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

持ち手を2段階折れば、バスケット状に。このとき、ポケットは蓋代わりになります。

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグショルダー紐をつけて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車カゴに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車ハンドルに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグバゲット

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグパンを詰めて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグポケットにカトラリー

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグテーブルでブレッドバスケット として

完成後にも、メンバー全員で半年以上試用を続けました。企画メンバーの使用コメントです。

ーー
「特に食パンが入りやすいサイズなので、パン屋さん巡りで重宝しています。自宅では蜂蜜、未使用のジャム、バターナイフなどパンに関わるものをまとめて入れています。」

「底が平たいので、パンのみならず、ケーキや惣菜、箱入りのお菓子の差し入れなど、真っすぐ運びたいものを入れるのに重宝します。」

「パンバッグというより日常使いで使ってます。たくさん入るししっかりしています。」

「ピクニックに大活躍しています。ケータリングや外の飲食の仕事のときに、食品の運搬やディスプレーにも。」

「パンを買いに行くときは、底面に平らな竹ざるを入れて。水平が保てて、パンが崩れない、蒸れない。パンが蒸れそうな時は、ビニールの袋を開いて(バッグの口が開いていて良い)。普段のお出かけには、そのままで。携帯、お財布、スケジュール帳、ストール、エコバッグなど、普段持ち歩きたいものがすっぽり入る。自転車のハンドルにもかけやすいし、見た目も女性が持つのにちょうどいいバランスです。」

「車移動が多いので、パン屋さんに到着してからのみ使っていましたら、カタチが美しいままで…やはり見た目も素敵なので、今年旅先バッグで麻のワンピースと合わせて使いました。ストール巻き込んでもサングラスかけても似合ってました。美しいバッグです。パンを入れた使用では、ロデブとかカンパーニュみたいな、ごろんとしたパンを紙包にしてもらい、少し短めのバケットも紐で結んで入れます。」

「好きな肩紐をつけて、ショルダーバッグにしています。」
ーー

使い方も、持ち方も、皆さんばらばらで自由に使われていました。移動手段も、車では口が開いて席に置いても使いやすく、自転車には一体型の持ち手がハンドルにも掛けやすく、かごに入れるにも良いサイズ。

歩くには、手で持っても、お持ちのショルダー紐(紐を直接結んでつけたり、市販のナスカンなどで)をつけても。

良い生地と、シンプルに見えてちょっと変わったディティールとアクセントのあるバッグ。いろんな使い方で、楽しんでください。

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

【みんなのどうぐ #08】
製作期間:2018年9月-11月/全5回
企画地域:京都(PINT)

企画メンバー ゆうこさん、あゆみさん、なおこさん、ふみこさん、あいこさん、たかこさん、めぐみさん、まことさん、あかねさん
撮影 山田慎、市野亜由美、丸井優子
製作 PINT
special thanks sumaopainlotmarron's kitchen月麦の音

こちらのパンなリネンバッグの製作工程は、ブログをご覧ください。

お手入れ
柔軟剤入り洗剤や、乾燥機の使用は生地の風合いが変わり、一気に柔らかくなりますので、使用をお控えください。
生地は使用や洗いを重ねると、自立しなくなります。

STORY

本体・紐・バイアステープ:リネン100%

 

幅40cm×奥行き16.5cm×高さ30cm

パンのためのバッグ お店からテーブルまで

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

リネン帆布生地で、パンのためのバッグを作りました。

「みんなのどうぐ」プロジェクトの第8弾。PINTの店舗がある京都で、パン好きの8名と一緒に考えました。京都は、美味しいパン屋さんがたくさんあり、消費量も多いパン好きな街。パンが大好きで買うことも多いけれど、持ち帰るときに潰れたり、ビニール袋で湿気ったりしてしまう。そんな悩みから、「みんなのどうぐ」で”パンのためのバッグ”を作りたいというリクエストをいただいて、始まりました。生地素材は、PINTでブレッドバスケットやトートバッグを作っているリネン帆布を使っています。

パンを持ち運ぶときにつぶれないように、湿気らないように、家に帰って置いておいたり、食べる時まで楽しいようにと考えたら、一般的な布バッグには見られないような、新しいかたちが生まれました。

・生地 滋賀の近江で織られている、リネン100%の帆布のような厚地生地。紐も、バイアステープもリネン素材。パンをそのまま入れることもできます。

・形
食パンも入れられる広めのマチ幅と、ケーキとは違ってパンは箱には入れないため、潰さずに運ぶために考えた持ち手。バッグの中に四角い空間を作れるように考えました。

・紐
バゲットを立てて結べます。

・ポケット
少し大きめに付けた内ポケット。ピクニックのときには、カトラリーなどのパングッズを入れても。

・持ち手部分を折り返すと、袋状に。家の中ではパンを入れるバスケットとして。このとき、内側のポケットは蓋にもなります。

パンが潰れないようにと中の空間を作る構造と、食パンが2斤ほど入るの収納力。パンの持ち運びを工夫するうちに、一般的な布バッグでは見られないような、ちょっと変わった面白い形になりました。もちろん、用途はパンに限らずお使いいただけます。

パンなリネンバッグパンバッグリネン

持ち手を左右にして持つと、よりバッグ内の空間が保たれます。

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

バゲッドなどを結べる紐。他にも、細長い形のものに。

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

持ち手を2段階折れば、バスケット状に。このとき、ポケットは蓋代わりになります。

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグショルダー紐をつけて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車カゴに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車ハンドルに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグバゲット

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグパンを詰めて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグポケットにカトラリー

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグテーブルでブレッドバスケット として

完成後にも、メンバー全員で半年以上試用を続けました。企画メンバーの使用コメントです。

ーー
「特に食パンが入りやすいサイズなので、パン屋さん巡りで重宝しています。自宅では蜂蜜、未使用のジャム、バターナイフなどパンに関わるものをまとめて入れています。」

「底が平たいので、パンのみならず、ケーキや惣菜、箱入りのお菓子の差し入れなど、真っすぐ運びたいものを入れるのに重宝します。」

「パンバッグというより日常使いで使ってます。たくさん入るししっかりしています。」

「ピクニックに大活躍しています。ケータリングや外の飲食の仕事のときに、食品の運搬やディスプレーにも。」

「パンを買いに行くときは、底面に平らな竹ざるを入れて。水平が保てて、パンが崩れない、蒸れない。パンが蒸れそうな時は、ビニールの袋を開いて(バッグの口が開いていて良い)。普段のお出かけには、そのままで。携帯、お財布、スケジュール帳、ストール、エコバッグなど、普段持ち歩きたいものがすっぽり入る。自転車のハンドルにもかけやすいし、見た目も女性が持つのにちょうどいいバランスです。」

「車移動が多いので、パン屋さんに到着してからのみ使っていましたら、カタチが美しいままで…やはり見た目も素敵なので、今年旅先バッグで麻のワンピースと合わせて使いました。ストール巻き込んでもサングラスかけても似合ってました。美しいバッグです。パンを入れた使用では、ロデブとかカンパーニュみたいな、ごろんとしたパンを紙包にしてもらい、少し短めのバケットも紐で結んで入れます。」

「好きな肩紐をつけて、ショルダーバッグにしています。」
ーー

使い方も、持ち方も、皆さんばらばらで自由に使われていました。移動手段も、車では口が開いて席に置いても使いやすく、自転車には一体型の持ち手がハンドルにも掛けやすく、かごに入れるにも良いサイズ。

歩くには、手で持っても、お持ちのショルダー紐(紐を直接結んでつけたり、市販のナスカンなどで)をつけても。

良い生地と、シンプルに見えてちょっと変わったディティールとアクセントのあるバッグ。いろんな使い方で、楽しんでください。

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

【みんなのどうぐ #08】
製作期間:2018年9月-11月/全5回
企画地域:京都(PINT)

企画メンバー ゆうこさん、あゆみさん、なおこさん、ふみこさん、あいこさん、たかこさん、めぐみさん、まことさん、あかねさん
撮影 山田慎、市野亜由美、丸井優子
製作 PINT
special thanks sumaopainlotmarron's kitchen月麦の音

こちらのパンなリネンバッグの製作工程は、ブログをご覧ください。

お手入れ
柔軟剤入り洗剤や、乾燥機の使用は生地の風合いが変わり、一気に柔らかくなりますので、使用をお控えください。
生地は使用や洗いを重ねると、自立しなくなります。

本体・紐・バイアステープ:リネン100%

 

幅40cm×奥行き16.5cm×高さ30cm

パンのためのバッグ お店からテーブルまで

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

リネン帆布生地で、パンのためのバッグを作りました。

「みんなのどうぐ」プロジェクトの第8弾。PINTの店舗がある京都で、パン好きの8名と一緒に考えました。京都は、美味しいパン屋さんがたくさんあり、消費量も多いパン好きな街。パンが大好きで買うことも多いけれど、持ち帰るときに潰れたり、ビニール袋で湿気ったりしてしまう。そんな悩みから、「みんなのどうぐ」で”パンのためのバッグ”を作りたいというリクエストをいただいて、始まりました。生地素材は、PINTでブレッドバスケットやトートバッグを作っているリネン帆布を使っています。

パンを持ち運ぶときにつぶれないように、湿気らないように、家に帰って置いておいたり、食べる時まで楽しいようにと考えたら、一般的な布バッグには見られないような、新しいかたちが生まれました。

・生地 滋賀の近江で織られている、リネン100%の帆布のような厚地生地。紐も、バイアステープもリネン素材。パンをそのまま入れることもできます。

・形
食パンも入れられる広めのマチ幅と、ケーキとは違ってパンは箱には入れないため、潰さずに運ぶために考えた持ち手。バッグの中に四角い空間を作れるように考えました。

・紐
バゲットを立てて結べます。

・ポケット
少し大きめに付けた内ポケット。ピクニックのときには、カトラリーなどのパングッズを入れても。

・持ち手部分を折り返すと、袋状に。家の中ではパンを入れるバスケットとして。このとき、内側のポケットは蓋にもなります。

パンが潰れないようにと中の空間を作る構造と、食パンが2斤ほど入るの収納力。パンの持ち運びを工夫するうちに、一般的な布バッグでは見られないような、ちょっと変わった面白い形になりました。もちろん、用途はパンに限らずお使いいただけます。

パンなリネンバッグパンバッグリネン

持ち手を左右にして持つと、よりバッグ内の空間が保たれます。

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

バゲッドなどを結べる紐。他にも、細長い形のものに。

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

持ち手を2段階折れば、バスケット状に。このとき、ポケットは蓋代わりになります。

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグショルダー紐をつけて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車カゴに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車ハンドルに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグバゲット

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグパンを詰めて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグポケットにカトラリー

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグテーブルでブレッドバスケット として

完成後にも、メンバー全員で半年以上試用を続けました。企画メンバーの使用コメントです。

ーー
「特に食パンが入りやすいサイズなので、パン屋さん巡りで重宝しています。自宅では蜂蜜、未使用のジャム、バターナイフなどパンに関わるものをまとめて入れています。」

「底が平たいので、パンのみならず、ケーキや惣菜、箱入りのお菓子の差し入れなど、真っすぐ運びたいものを入れるのに重宝します。」

「パンバッグというより日常使いで使ってます。たくさん入るししっかりしています。」

「ピクニックに大活躍しています。ケータリングや外の飲食の仕事のときに、食品の運搬やディスプレーにも。」

「パンを買いに行くときは、底面に平らな竹ざるを入れて。水平が保てて、パンが崩れない、蒸れない。パンが蒸れそうな時は、ビニールの袋を開いて(バッグの口が開いていて良い)。普段のお出かけには、そのままで。携帯、お財布、スケジュール帳、ストール、エコバッグなど、普段持ち歩きたいものがすっぽり入る。自転車のハンドルにもかけやすいし、見た目も女性が持つのにちょうどいいバランスです。」

「車移動が多いので、パン屋さんに到着してからのみ使っていましたら、カタチが美しいままで…やはり見た目も素敵なので、今年旅先バッグで麻のワンピースと合わせて使いました。ストール巻き込んでもサングラスかけても似合ってました。美しいバッグです。パンを入れた使用では、ロデブとかカンパーニュみたいな、ごろんとしたパンを紙包にしてもらい、少し短めのバケットも紐で結んで入れます。」

「好きな肩紐をつけて、ショルダーバッグにしています。」
ーー

使い方も、持ち方も、皆さんばらばらで自由に使われていました。移動手段も、車では口が開いて席に置いても使いやすく、自転車には一体型の持ち手がハンドルにも掛けやすく、かごに入れるにも良いサイズ。

歩くには、手で持っても、お持ちのショルダー紐(紐を直接結んでつけたり、市販のナスカンなどで)をつけても。

良い生地と、シンプルに見えてちょっと変わったディティールとアクセントのあるバッグ。いろんな使い方で、楽しんでください。

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

【みんなのどうぐ #08】
製作期間:2018年9月-11月/全5回
企画地域:京都(PINT)

企画メンバー ゆうこさん、あゆみさん、なおこさん、ふみこさん、あいこさん、たかこさん、めぐみさん、まことさん、あかねさん
撮影 山田慎、市野亜由美、丸井優子
製作 PINT
special thanks sumaopainlotmarron's kitchen月麦の音

こちらのパンなリネンバッグの製作工程は、ブログをご覧ください。

お手入れ
柔軟剤入り洗剤や、乾燥機の使用は生地の風合いが変わり、一気に柔らかくなりますので、使用をお控えください。
生地は使用や洗いを重ねると、自立しなくなります。

本体・紐・バイアステープ:リネン100%

 

幅40cm×奥行き16.5cm×高さ30cm

パンのためのバッグ お店からテーブルまで

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグブレッドバッグ

リネン帆布生地で、パンのためのバッグを作りました。

「みんなのどうぐ」プロジェクトの第8弾。PINTの店舗がある京都で、パン好きの8名と一緒に考えました。京都は、美味しいパン屋さんがたくさんあり、消費量も多いパン好きな街。パンが大好きで買うことも多いけれど、持ち帰るときに潰れたり、ビニール袋で湿気ったりしてしまう。そんな悩みから、「みんなのどうぐ」で”パンのためのバッグ”を作りたいというリクエストをいただいて、始まりました。生地素材は、PINTでブレッドバスケットやトートバッグを作っているリネン帆布を使っています。

パンを持ち運ぶときにつぶれないように、湿気らないように、家に帰って置いておいたり、食べる時まで楽しいようにと考えたら、一般的な布バッグには見られないような、新しいかたちが生まれました。

・生地 滋賀の近江で織られている、リネン100%の帆布のような厚地生地。紐も、バイアステープもリネン素材。パンをそのまま入れることもできます。

・形
食パンも入れられる広めのマチ幅と、ケーキとは違ってパンは箱には入れないため、潰さずに運ぶために考えた持ち手。バッグの中に四角い空間を作れるように考えました。

・紐
バゲットを立てて結べます。

・ポケット
少し大きめに付けた内ポケット。ピクニックのときには、カトラリーなどのパングッズを入れても。

・持ち手部分を折り返すと、袋状に。家の中ではパンを入れるバスケットとして。このとき、内側のポケットは蓋にもなります。

パンが潰れないようにと中の空間を作る構造と、食パンが2斤ほど入るの収納力。パンの持ち運びを工夫するうちに、一般的な布バッグでは見られないような、ちょっと変わった面白い形になりました。もちろん、用途はパンに限らずお使いいただけます。

パンなリネンバッグパンバッグリネン

持ち手を左右にして持つと、よりバッグ内の空間が保たれます。

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

パンなリネンバッグパンバッグバゲットを結ぶ紐

バゲッドなどを結べる紐。他にも、細長い形のものに。

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

パンなリネンバッグパンバッグブレッドバスケットとして

持ち手を2段階折れば、バスケット状に。このとき、ポケットは蓋代わりになります。

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグショルダー紐をつけて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車カゴに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグ自転車ハンドルに

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグバゲット

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグパンを詰めて

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグポケットにカトラリー

パンバッグパンなリネンバッグリネン帆布パンのバッグテーブルでブレッドバスケット として

完成後にも、メンバー全員で半年以上試用を続けました。企画メンバーの使用コメントです。

ーー
「特に食パンが入りやすいサイズなので、パン屋さん巡りで重宝しています。自宅では蜂蜜、未使用のジャム、バターナイフなどパンに関わるものをまとめて入れています。」

「底が平たいので、パンのみならず、ケーキや惣菜、箱入りのお菓子の差し入れなど、真っすぐ運びたいものを入れるのに重宝します。」

「パンバッグというより日常使いで使ってます。たくさん入るししっかりしています。」

「ピクニックに大活躍しています。ケータリングや外の飲食の仕事のときに、食品の運搬やディスプレーにも。」

「パンを買いに行くときは、底面に平らな竹ざるを入れて。水平が保てて、パンが崩れない、蒸れない。パンが蒸れそうな時は、ビニールの袋を開いて(バッグの口が開いていて良い)。普段のお出かけには、そのままで。携帯、お財布、スケジュール帳、ストール、エコバッグなど、普段持ち歩きたいものがすっぽり入る。自転車のハンドルにもかけやすいし、見た目も女性が持つのにちょうどいいバランスです。」

「車移動が多いので、パン屋さんに到着してからのみ使っていましたら、カタチが美しいままで…やはり見た目も素敵なので、今年旅先バッグで麻のワンピースと合わせて使いました。ストール巻き込んでもサングラスかけても似合ってました。美しいバッグです。パンを入れた使用では、ロデブとかカンパーニュみたいな、ごろんとしたパンを紙包にしてもらい、少し短めのバケットも紐で結んで入れます。」

「好きな肩紐をつけて、ショルダーバッグにしています。」
ーー

使い方も、持ち方も、皆さんばらばらで自由に使われていました。移動手段も、車では口が開いて席に置いても使いやすく、自転車には一体型の持ち手がハンドルにも掛けやすく、かごに入れるにも良いサイズ。

歩くには、手で持っても、お持ちのショルダー紐(紐を直接結んでつけたり、市販のナスカンなどで)をつけても。

良い生地と、シンプルに見えてちょっと変わったディティールとアクセントのあるバッグ。いろんな使い方で、楽しんでください。

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

みんなのどうぐパンなリネンバッグパンのバッグ

【みんなのどうぐ #08】
製作期間:2018年9月-11月/全5回
企画地域:京都(PINT)

企画メンバー ゆうこさん、あゆみさん、なおこさん、ふみこさん、あいこさん、たかこさん、めぐみさん、まことさん、あかねさん
撮影 山田慎、市野亜由美、丸井優子
製作 PINT
special thanks sumaopainlotmarron's kitchen月麦の音

こちらのパンなリネンバッグの製作工程は、ブログをご覧ください。

お手入れ
柔軟剤入り洗剤や、乾燥機の使用は生地の風合いが変わり、一気に柔らかくなりますので、使用をお控えください。
生地は使用や洗いを重ねると、自立しなくなります。