【sold out】備後節織の巾着バッグ 二重弁慶

在庫状況 SOLD OUT
販売価格
4,500円(税抜)
購入数
-

本体:コットン100%
内布:コットン100%
紐:コットン

 

本体(平置きで計測):高さ32cm×幅28cm
持ち手:高さ15cm×幅(最下部10cm、最上部5.5cm)

備後節織の巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織の生地をスタート地点として、作りたいものを考えたのがこの巾着バッグ。柔らかく風合いのある生地に合った、どことなく親しげな温かみのあるバッグです。紐を絞って使うも良し、そのまま開けてトートとし使うも良し。

同系色の別生地の内布を付けています。本体にマチはありませんので、畳めばコンパクトになるので、サブバッグとして使っても。持ち手の形状上、ものをたっぷり詰めると出し入れが少ししにくいので、ご注意ください。

「備後節織」の生地を使っています。備後節織は、日本三大絣の一つでもある備後絣から派生したブランド。備後節織の工程は、まず煮沸した生糸を染めていくところからはじまり、藍や柿渋、墨汁などの天然染料で染色し、天日に干して色を馴染ませるため、天気を待ちながら織っているのが特徴です。

この糸を、旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に織っています。量産できない生地ですが、ならではの温かみと風合いがあります。天然染めの先染め糸を織り機にかけるということは、織り機のメンテナンスや、ものづくりの制限も生まれ大変なことですが、これを行なっている数少ない機元です。

こちらの二重弁慶は、藍染と白の組み合わせと柄のバランスがかわいらしい生地。ポップな雰囲気もありながら、糸の風合いと藍染の色味で、良い生地の質感が出ています。

風合生成よりも、ほんの少し薄手ですが、ほとんど同じ厚みです。

この備後節織の生地の風合いが楽しめるバッグ。和風すぎず、土っぽすぎず、洋服と合わせても、程よいアクセントになりそうです。

備後節織巾着袋巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織シリーズは、巾着袋と巾着バッグの2型ございます。

備後節織シリーズ一覧

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

-

受注製作品・予約品のお届け日程予定→最新状況一覧

再入荷/予約受付開始メール依頼→受付フォーム

税抜き15,000円以上(クリックポスト・レターパックプラスは10,000円)ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

本体:コットン100%
内布:コットン100%
紐:コットン

 

本体(平置きで計測):高さ32cm×幅28cm
持ち手:高さ15cm×幅(最下部10cm、最上部5.5cm)

備後節織の巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織の生地をスタート地点として、作りたいものを考えたのがこの巾着バッグ。柔らかく風合いのある生地に合った、どことなく親しげな温かみのあるバッグです。紐を絞って使うも良し、そのまま開けてトートとし使うも良し。

同系色の別生地の内布を付けています。本体にマチはありませんので、畳めばコンパクトになるので、サブバッグとして使っても。持ち手の形状上、ものをたっぷり詰めると出し入れが少ししにくいので、ご注意ください。

「備後節織」の生地を使っています。備後節織は、日本三大絣の一つでもある備後絣から派生したブランド。備後節織の工程は、まず煮沸した生糸を染めていくところからはじまり、藍や柿渋、墨汁などの天然染料で染色し、天日に干して色を馴染ませるため、天気を待ちながら織っているのが特徴です。

この糸を、旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に織っています。量産できない生地ですが、ならではの温かみと風合いがあります。天然染めの先染め糸を織り機にかけるということは、織り機のメンテナンスや、ものづくりの制限も生まれ大変なことですが、これを行なっている数少ない機元です。

こちらの二重弁慶は、藍染と白の組み合わせと柄のバランスがかわいらしい生地。ポップな雰囲気もありながら、糸の風合いと藍染の色味で、良い生地の質感が出ています。

風合生成よりも、ほんの少し薄手ですが、ほとんど同じ厚みです。

この備後節織の生地の風合いが楽しめるバッグ。和風すぎず、土っぽすぎず、洋服と合わせても、程よいアクセントになりそうです。

備後節織巾着袋巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織シリーズは、巾着袋と巾着バッグの2型ございます。

備後節織シリーズ一覧

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

STORY

本体:コットン100%
内布:コットン100%
紐:コットン

 

本体(平置きで計測):高さ32cm×幅28cm
持ち手:高さ15cm×幅(最下部10cm、最上部5.5cm)

備後節織の巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織の生地をスタート地点として、作りたいものを考えたのがこの巾着バッグ。柔らかく風合いのある生地に合った、どことなく親しげな温かみのあるバッグです。紐を絞って使うも良し、そのまま開けてトートとし使うも良し。

同系色の別生地の内布を付けています。本体にマチはありませんので、畳めばコンパクトになるので、サブバッグとして使っても。持ち手の形状上、ものをたっぷり詰めると出し入れが少ししにくいので、ご注意ください。

「備後節織」の生地を使っています。備後節織は、日本三大絣の一つでもある備後絣から派生したブランド。備後節織の工程は、まず煮沸した生糸を染めていくところからはじまり、藍や柿渋、墨汁などの天然染料で染色し、天日に干して色を馴染ませるため、天気を待ちながら織っているのが特徴です。

この糸を、旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に織っています。量産できない生地ですが、ならではの温かみと風合いがあります。天然染めの先染め糸を織り機にかけるということは、織り機のメンテナンスや、ものづくりの制限も生まれ大変なことですが、これを行なっている数少ない機元です。

こちらの二重弁慶は、藍染と白の組み合わせと柄のバランスがかわいらしい生地。ポップな雰囲気もありながら、糸の風合いと藍染の色味で、良い生地の質感が出ています。

風合生成よりも、ほんの少し薄手ですが、ほとんど同じ厚みです。

この備後節織の生地の風合いが楽しめるバッグ。和風すぎず、土っぽすぎず、洋服と合わせても、程よいアクセントになりそうです。

備後節織巾着袋巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織シリーズは、巾着袋と巾着バッグの2型ございます。

備後節織シリーズ一覧

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

本体:コットン100%
内布:コットン100%
紐:コットン

 

本体(平置きで計測):高さ32cm×幅28cm
持ち手:高さ15cm×幅(最下部10cm、最上部5.5cm)

備後節織の巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織の生地をスタート地点として、作りたいものを考えたのがこの巾着バッグ。柔らかく風合いのある生地に合った、どことなく親しげな温かみのあるバッグです。紐を絞って使うも良し、そのまま開けてトートとし使うも良し。

同系色の別生地の内布を付けています。本体にマチはありませんので、畳めばコンパクトになるので、サブバッグとして使っても。持ち手の形状上、ものをたっぷり詰めると出し入れが少ししにくいので、ご注意ください。

「備後節織」の生地を使っています。備後節織は、日本三大絣の一つでもある備後絣から派生したブランド。備後節織の工程は、まず煮沸した生糸を染めていくところからはじまり、藍や柿渋、墨汁などの天然染料で染色し、天日に干して色を馴染ませるため、天気を待ちながら織っているのが特徴です。

この糸を、旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に織っています。量産できない生地ですが、ならではの温かみと風合いがあります。天然染めの先染め糸を織り機にかけるということは、織り機のメンテナンスや、ものづくりの制限も生まれ大変なことですが、これを行なっている数少ない機元です。

こちらの二重弁慶は、藍染と白の組み合わせと柄のバランスがかわいらしい生地。ポップな雰囲気もありながら、糸の風合いと藍染の色味で、良い生地の質感が出ています。

風合生成よりも、ほんの少し薄手ですが、ほとんど同じ厚みです。

この備後節織の生地の風合いが楽しめるバッグ。和風すぎず、土っぽすぎず、洋服と合わせても、程よいアクセントになりそうです。

備後節織巾着袋巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織巾着バッグ

備後節織シリーズは、巾着袋と巾着バッグの2型ございます。

備後節織シリーズ一覧

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

関連

 | 

 | 

 | 

 | 

 |