【sold out】日本の布の手提げ|松坂木綿|二筋格子

在庫状況 SOLD OUT
販売価格
4,600円(税抜)
購入数
-

久留米絣|綿100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:ライトグレーコットン生地

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

tesageシリーズ、まずは滋賀県近江のリネンからスタートしていましたが、各織物産地のコットン素材を加わりました。生地の厚みがあり、糸の柔らかく温もりある風合い。たくさんの柄からお好みを見つけていただきたいです

型は全て同じで、生地違いのバリエーションがたくさんあります。東京代々木にあったDADACAFEからお付き合いが続く、たむらはるみさんによる「日本の布をたのしむ」手提げのバッグです。たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。ものを入れて持つと三角の形になります。ゆるすぎず、かわいらしすぎない雰囲気が他の手提げになかなかないバランスです。自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作られました。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグランチトート裏

【松坂木綿】

こちらの生地は、三重県の松坂木綿の木綿100%生地。

日本でも有数の紡績産地で藍染も盛んだった地域です。伊勢神宮への綿織物の奉納を義務づけられたことで松坂木綿が誕生したと言われています。松阪木綿は昔と変わらず天然藍で染めた糸を使って作られます。使うほど、洗う程に藍色に深みが増し素朴ながら日本人にとってはとても親しみのある藍の青さに変化していきます。目の詰まった高密度の生地で、普段使いとしての耐久性にも優れています。

糸番手はやや太め、密度は中程度ですが、昔の織機ならではの織りの密度と柔らかさ。使ううちに、少しずつ柔らかさが出てきて、風合いが増してくるのも楽しみです。

裏地は、ライトグレーの無地生地を使っています。袋縫で仕上げており、裏面でも使えます。

手提げというと女性のイメージが強いですが、男性が持っても粋な感じで格好良くきまります。ご夫婦やカップルで、兼用で使われるお客様も多いです。

*着用イメージ写真の柄は全て別生地です。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

-

受注製作品・予約品のお届け日程予定→最新状況一覧

再入荷/予約受付開始メール依頼→受付フォーム

税抜き15,000円以上(クリックポスト・レターパックプラスは10,000円)ご購入で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

久留米絣|綿100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:ライトグレーコットン生地

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

tesageシリーズ、まずは滋賀県近江のリネンからスタートしていましたが、各織物産地のコットン素材を加わりました。生地の厚みがあり、糸の柔らかく温もりある風合い。たくさんの柄からお好みを見つけていただきたいです

型は全て同じで、生地違いのバリエーションがたくさんあります。東京代々木にあったDADACAFEからお付き合いが続く、たむらはるみさんによる「日本の布をたのしむ」手提げのバッグです。たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。ものを入れて持つと三角の形になります。ゆるすぎず、かわいらしすぎない雰囲気が他の手提げになかなかないバランスです。自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作られました。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグランチトート裏

【松坂木綿】

こちらの生地は、三重県の松坂木綿の木綿100%生地。

日本でも有数の紡績産地で藍染も盛んだった地域です。伊勢神宮への綿織物の奉納を義務づけられたことで松坂木綿が誕生したと言われています。松阪木綿は昔と変わらず天然藍で染めた糸を使って作られます。使うほど、洗う程に藍色に深みが増し素朴ながら日本人にとってはとても親しみのある藍の青さに変化していきます。目の詰まった高密度の生地で、普段使いとしての耐久性にも優れています。

糸番手はやや太め、密度は中程度ですが、昔の織機ならではの織りの密度と柔らかさ。使ううちに、少しずつ柔らかさが出てきて、風合いが増してくるのも楽しみです。

裏地は、ライトグレーの無地生地を使っています。袋縫で仕上げており、裏面でも使えます。

手提げというと女性のイメージが強いですが、男性が持っても粋な感じで格好良くきまります。ご夫婦やカップルで、兼用で使われるお客様も多いです。

*着用イメージ写真の柄は全て別生地です。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

STORY

久留米絣|綿100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:ライトグレーコットン生地

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

tesageシリーズ、まずは滋賀県近江のリネンからスタートしていましたが、各織物産地のコットン素材を加わりました。生地の厚みがあり、糸の柔らかく温もりある風合い。たくさんの柄からお好みを見つけていただきたいです

型は全て同じで、生地違いのバリエーションがたくさんあります。東京代々木にあったDADACAFEからお付き合いが続く、たむらはるみさんによる「日本の布をたのしむ」手提げのバッグです。たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。ものを入れて持つと三角の形になります。ゆるすぎず、かわいらしすぎない雰囲気が他の手提げになかなかないバランスです。自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作られました。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグランチトート裏

【松坂木綿】

こちらの生地は、三重県の松坂木綿の木綿100%生地。

日本でも有数の紡績産地で藍染も盛んだった地域です。伊勢神宮への綿織物の奉納を義務づけられたことで松坂木綿が誕生したと言われています。松阪木綿は昔と変わらず天然藍で染めた糸を使って作られます。使うほど、洗う程に藍色に深みが増し素朴ながら日本人にとってはとても親しみのある藍の青さに変化していきます。目の詰まった高密度の生地で、普段使いとしての耐久性にも優れています。

糸番手はやや太め、密度は中程度ですが、昔の織機ならではの織りの密度と柔らかさ。使ううちに、少しずつ柔らかさが出てきて、風合いが増してくるのも楽しみです。

裏地は、ライトグレーの無地生地を使っています。袋縫で仕上げており、裏面でも使えます。

手提げというと女性のイメージが強いですが、男性が持っても粋な感じで格好良くきまります。ご夫婦やカップルで、兼用で使われるお客様も多いです。

*着用イメージ写真の柄は全て別生地です。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。

久留米絣|綿100%

幅32 × 縦35cm マチなし

ポケットなし
内布:ライトグレーコットン生地

日本の布をたのしむ手提げ

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

手提げ久留米絣バッグ

tesageシリーズ、まずは滋賀県近江のリネンからスタートしていましたが、各織物産地のコットン素材を加わりました。生地の厚みがあり、糸の柔らかく温もりある風合い。たくさんの柄からお好みを見つけていただきたいです

型は全て同じで、生地違いのバリエーションがたくさんあります。東京代々木にあったDADACAFEからお付き合いが続く、たむらはるみさんによる「日本の布をたのしむ」手提げのバッグです。たむらさんが自分用に縫って使っていた布の手提げ。ちょっと出かけるときに財布や携帯など入れて使っていたところ、私も含めたくさんの方から好評だった人気ものです。

「tesage」という名前にも表れていますが、いかにもものを運ぶカバン、バッグという感じではなく、もっと気軽に、ちょっとそこまでという感じ。ものを入れて持つと、風呂敷や布で包んだ、もしくはあずま袋のような見た目に。ものを入れて持つと三角の形になります。ゆるすぎず、かわいらしすぎない雰囲気が他の手提げになかなかないバランスです。自然に持てて、和っぽくなりすぎずに洋服にも合います。

テーマは、「日本の布をたのしむ」。着物に使われていた着尺生地(40cm弱の狭幅生地)は、昔ながらの織機で織られていることと、日本らしい素材使いのため、産地は様々ですが独特の風合いと魅力があります。ただ、どうしても製品が和のものになることが多く、なかなか普段使いするには遠く思えてしまうことが多いです。

この手提げは、こうした生地を使ったパターンとサイズにして、今の普段の暮らしの中で使いたいように作られました。

マチなしでかさばらないので、カバンの中に入れてサブバッグとして使ったり、ランチや近所に出かけるときにも。マチなしですが、四角に近い形なので、お弁当箱などのような形のものもおさまります。太めの手持ち部分を着物のように合わせると、あずま袋のような形になり、和のような洋のような雰囲気に。男女ともに使えるところも嬉しいポイントです。

手提げ藍染松坂木綿バッグ

手提げ久留米絣バッグランチトート裏

【松坂木綿】

こちらの生地は、三重県の松坂木綿の木綿100%生地。

日本でも有数の紡績産地で藍染も盛んだった地域です。伊勢神宮への綿織物の奉納を義務づけられたことで松坂木綿が誕生したと言われています。松阪木綿は昔と変わらず天然藍で染めた糸を使って作られます。使うほど、洗う程に藍色に深みが増し素朴ながら日本人にとってはとても親しみのある藍の青さに変化していきます。目の詰まった高密度の生地で、普段使いとしての耐久性にも優れています。

糸番手はやや太め、密度は中程度ですが、昔の織機ならではの織りの密度と柔らかさ。使ううちに、少しずつ柔らかさが出てきて、風合いが増してくるのも楽しみです。

裏地は、ライトグレーの無地生地を使っています。袋縫で仕上げており、裏面でも使えます。

手提げというと女性のイメージが強いですが、男性が持っても粋な感じで格好良くきまります。ご夫婦やカップルで、兼用で使われるお客様も多いです。

*着用イメージ写真の柄は全て別生地です。

お手入れ
乾燥機、漂白剤のご使用はお控え下さい。
高温設定のアイロン使用時は、当て布をしてください。