【再入荷】胡桃(くるみ)の木のカッティングボード 四角

販売価格
7,560円
購入数

胡桃(くるみ)(天然オイル仕上げ) ロシア材

 

横30cm×縦20cm×厚さ2.4cm

木の皮付き 木をそのまま感じさせるカッティングボード

くるみの木のカッティングボード盛付け

木の皮をそのまま残した、1枚板の胡桃(くるみ)の木のカッティングボード。長辺の側面1面を、木の皮をそのまま残してあり、木の皮に沿った形になります。

くるみの木の、独特のやわらかく濃い色味と、そのまま残された木の皮が、荒々しくならずに木の存在感を出しています。軽い樹種ですので、出し入れも楽なのが嬉しいところ。女性的な雰囲気のある木です。

見た目は四角でシンプルですが、家具職人による精巧な加工と仕上げです。木の力を感じさせる綺麗な木目と艶は、木工家具を専門に製作する職人ならでは。指物の技術で作られるオーダーの家具に用いられる良い材と、確かな技術の木取りで、シンプルながらも、特別な一枚に仕上がりました。

天然オイル塗装仕上げにより、木は呼吸を続けていて、木の力を感じさせます。

くるみの木のカッティングボード

素材感がありながらも、素朴すぎず、木を切り出した感じを受けないのは、その精巧なカッティングと仕上げにあります。カッティングは、側面は微妙に内向きに斜めに削り出しています。これにより、持ち上げるときに手を引っかけられて取手の代わりになり、シンプルな形ながらもストレスなく使えます。同時に、見た目の重さも軽くなるのです。

丁寧な仕上げにより、表面は撫でたくなるような美しい仕上がり。

カッティングボードというシンプルなものだからこそ、素材の質、細部のデザイン、加工と仕上げの技術と丁寧さが際立ちます。

使い込むと、だんだんと色濃く、良い味が出てきます。毎日使い続けるのが楽しみなカッティングボードです。

まな板としてはもちろん、そのまま器として食卓でもお使いいただきたいです。

木の皮カッティングボード

木の皮が残してあります。

木の皮の色は個体差がありますが、木そのものを感じられます。木の皮は、濃いもの、薄いもの様々です。ご希望がありましたら、ご注文時備考欄にてメッセージをくださいませ。在庫の範囲内でご希望に近いものをお選び致します。

カッティングボードまな板として

樹種は異なります(写真は廃番の栗の木です)が、同じサイズですので、大きさの参考に。

サイズは、20×30cm。四角のため、まな板としてキッチンの中でも使いやすい形とサイズです。

カッティングボード盛付け

食材を切るだけでなく、ボードとして器のように盛付けいただけます。

木の厚みもあるので、このようなボリュームあるメイン料理が映えます。パーティーシーンのような人が集まる食卓だけでなく、日常のお食事でもたくさん使ってみてくださいませ。

木のカッティングボード盛付け

木の種類により、木目の味も様々です。

・樺(かば) 適度な重みがあり硬く、傷がつきにくい木。上品な風合いで食卓にも合わせやすいです。樺のみ、丸型(写真左上)もあります。
樺の木のカッティングボード 四角
樺の木のカッティングボード 丸

・胡桃(くるみ) 木の皮つき。軽くて、反りにくい木。優しい女性的な印象の木です。

お手入れ
自然原料の天然オイル塗装を施しています。食器などに使用可能なオイル塗装ですので、安心してお使い頂けます。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬すぎないブラシや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。?急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
木の皮を残している面により、縦横サイズが一点一点微妙に異なります

-

胡桃(くるみ)(天然オイル仕上げ) ロシア材

 

横30cm×縦20cm×厚さ2.4cm

木の皮付き 木をそのまま感じさせるカッティングボード

くるみの木のカッティングボード盛付け

木の皮をそのまま残した、1枚板の胡桃(くるみ)の木のカッティングボード。長辺の側面1面を、木の皮をそのまま残してあり、木の皮に沿った形になります。

くるみの木の、独特のやわらかく濃い色味と、そのまま残された木の皮が、荒々しくならずに木の存在感を出しています。軽い樹種ですので、出し入れも楽なのが嬉しいところ。女性的な雰囲気のある木です。

見た目は四角でシンプルですが、家具職人による精巧な加工と仕上げです。木の力を感じさせる綺麗な木目と艶は、木工家具を専門に製作する職人ならでは。指物の技術で作られるオーダーの家具に用いられる良い材と、確かな技術の木取りで、シンプルながらも、特別な一枚に仕上がりました。

天然オイル塗装仕上げにより、木は呼吸を続けていて、木の力を感じさせます。

くるみの木のカッティングボード

素材感がありながらも、素朴すぎず、木を切り出した感じを受けないのは、その精巧なカッティングと仕上げにあります。カッティングは、側面は微妙に内向きに斜めに削り出しています。これにより、持ち上げるときに手を引っかけられて取手の代わりになり、シンプルな形ながらもストレスなく使えます。同時に、見た目の重さも軽くなるのです。

丁寧な仕上げにより、表面は撫でたくなるような美しい仕上がり。

カッティングボードというシンプルなものだからこそ、素材の質、細部のデザイン、加工と仕上げの技術と丁寧さが際立ちます。

使い込むと、だんだんと色濃く、良い味が出てきます。毎日使い続けるのが楽しみなカッティングボードです。

まな板としてはもちろん、そのまま器として食卓でもお使いいただきたいです。

木の皮カッティングボード

木の皮が残してあります。

木の皮の色は個体差がありますが、木そのものを感じられます。木の皮は、濃いもの、薄いもの様々です。ご希望がありましたら、ご注文時備考欄にてメッセージをくださいませ。在庫の範囲内でご希望に近いものをお選び致します。

カッティングボードまな板として

樹種は異なります(写真は廃番の栗の木です)が、同じサイズですので、大きさの参考に。

サイズは、20×30cm。四角のため、まな板としてキッチンの中でも使いやすい形とサイズです。

カッティングボード盛付け

食材を切るだけでなく、ボードとして器のように盛付けいただけます。

木の厚みもあるので、このようなボリュームあるメイン料理が映えます。パーティーシーンのような人が集まる食卓だけでなく、日常のお食事でもたくさん使ってみてくださいませ。

木のカッティングボード盛付け

木の種類により、木目の味も様々です。

・樺(かば) 適度な重みがあり硬く、傷がつきにくい木。上品な風合いで食卓にも合わせやすいです。樺のみ、丸型(写真左上)もあります。
樺の木のカッティングボード 四角
樺の木のカッティングボード 丸

・胡桃(くるみ) 木の皮つき。軽くて、反りにくい木。優しい女性的な印象の木です。

お手入れ
自然原料の天然オイル塗装を施しています。食器などに使用可能なオイル塗装ですので、安心してお使い頂けます。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬すぎないブラシや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。?急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
木の皮を残している面により、縦横サイズが一点一点微妙に異なります

STORY

胡桃(くるみ)(天然オイル仕上げ) ロシア材

 

横30cm×縦20cm×厚さ2.4cm

木の皮付き 木をそのまま感じさせるカッティングボード

くるみの木のカッティングボード盛付け

木の皮をそのまま残した、1枚板の胡桃(くるみ)の木のカッティングボード。長辺の側面1面を、木の皮をそのまま残してあり、木の皮に沿った形になります。

くるみの木の、独特のやわらかく濃い色味と、そのまま残された木の皮が、荒々しくならずに木の存在感を出しています。軽い樹種ですので、出し入れも楽なのが嬉しいところ。女性的な雰囲気のある木です。

見た目は四角でシンプルですが、家具職人による精巧な加工と仕上げです。木の力を感じさせる綺麗な木目と艶は、木工家具を専門に製作する職人ならでは。指物の技術で作られるオーダーの家具に用いられる良い材と、確かな技術の木取りで、シンプルながらも、特別な一枚に仕上がりました。

天然オイル塗装仕上げにより、木は呼吸を続けていて、木の力を感じさせます。

くるみの木のカッティングボード

素材感がありながらも、素朴すぎず、木を切り出した感じを受けないのは、その精巧なカッティングと仕上げにあります。カッティングは、側面は微妙に内向きに斜めに削り出しています。これにより、持ち上げるときに手を引っかけられて取手の代わりになり、シンプルな形ながらもストレスなく使えます。同時に、見た目の重さも軽くなるのです。

丁寧な仕上げにより、表面は撫でたくなるような美しい仕上がり。

カッティングボードというシンプルなものだからこそ、素材の質、細部のデザイン、加工と仕上げの技術と丁寧さが際立ちます。

使い込むと、だんだんと色濃く、良い味が出てきます。毎日使い続けるのが楽しみなカッティングボードです。

まな板としてはもちろん、そのまま器として食卓でもお使いいただきたいです。

木の皮カッティングボード

木の皮が残してあります。

木の皮の色は個体差がありますが、木そのものを感じられます。木の皮は、濃いもの、薄いもの様々です。ご希望がありましたら、ご注文時備考欄にてメッセージをくださいませ。在庫の範囲内でご希望に近いものをお選び致します。

カッティングボードまな板として

樹種は異なります(写真は廃番の栗の木です)が、同じサイズですので、大きさの参考に。

サイズは、20×30cm。四角のため、まな板としてキッチンの中でも使いやすい形とサイズです。

カッティングボード盛付け

食材を切るだけでなく、ボードとして器のように盛付けいただけます。

木の厚みもあるので、このようなボリュームあるメイン料理が映えます。パーティーシーンのような人が集まる食卓だけでなく、日常のお食事でもたくさん使ってみてくださいませ。

木のカッティングボード盛付け

木の種類により、木目の味も様々です。

・樺(かば) 適度な重みがあり硬く、傷がつきにくい木。上品な風合いで食卓にも合わせやすいです。樺のみ、丸型(写真左上)もあります。
樺の木のカッティングボード 四角
樺の木のカッティングボード 丸

・胡桃(くるみ) 木の皮つき。軽くて、反りにくい木。優しい女性的な印象の木です。

お手入れ
自然原料の天然オイル塗装を施しています。食器などに使用可能なオイル塗装ですので、安心してお使い頂けます。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬すぎないブラシや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。?急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
木の皮を残している面により、縦横サイズが一点一点微妙に異なります

胡桃(くるみ)(天然オイル仕上げ) ロシア材

 

横30cm×縦20cm×厚さ2.4cm

木の皮付き 木をそのまま感じさせるカッティングボード

くるみの木のカッティングボード盛付け

木の皮をそのまま残した、1枚板の胡桃(くるみ)の木のカッティングボード。長辺の側面1面を、木の皮をそのまま残してあり、木の皮に沿った形になります。

くるみの木の、独特のやわらかく濃い色味と、そのまま残された木の皮が、荒々しくならずに木の存在感を出しています。軽い樹種ですので、出し入れも楽なのが嬉しいところ。女性的な雰囲気のある木です。

見た目は四角でシンプルですが、家具職人による精巧な加工と仕上げです。木の力を感じさせる綺麗な木目と艶は、木工家具を専門に製作する職人ならでは。指物の技術で作られるオーダーの家具に用いられる良い材と、確かな技術の木取りで、シンプルながらも、特別な一枚に仕上がりました。

天然オイル塗装仕上げにより、木は呼吸を続けていて、木の力を感じさせます。

くるみの木のカッティングボード

素材感がありながらも、素朴すぎず、木を切り出した感じを受けないのは、その精巧なカッティングと仕上げにあります。カッティングは、側面は微妙に内向きに斜めに削り出しています。これにより、持ち上げるときに手を引っかけられて取手の代わりになり、シンプルな形ながらもストレスなく使えます。同時に、見た目の重さも軽くなるのです。

丁寧な仕上げにより、表面は撫でたくなるような美しい仕上がり。

カッティングボードというシンプルなものだからこそ、素材の質、細部のデザイン、加工と仕上げの技術と丁寧さが際立ちます。

使い込むと、だんだんと色濃く、良い味が出てきます。毎日使い続けるのが楽しみなカッティングボードです。

まな板としてはもちろん、そのまま器として食卓でもお使いいただきたいです。

木の皮カッティングボード

木の皮が残してあります。

木の皮の色は個体差がありますが、木そのものを感じられます。木の皮は、濃いもの、薄いもの様々です。ご希望がありましたら、ご注文時備考欄にてメッセージをくださいませ。在庫の範囲内でご希望に近いものをお選び致します。

カッティングボードまな板として

樹種は異なります(写真は廃番の栗の木です)が、同じサイズですので、大きさの参考に。

サイズは、20×30cm。四角のため、まな板としてキッチンの中でも使いやすい形とサイズです。

カッティングボード盛付け

食材を切るだけでなく、ボードとして器のように盛付けいただけます。

木の厚みもあるので、このようなボリュームあるメイン料理が映えます。パーティーシーンのような人が集まる食卓だけでなく、日常のお食事でもたくさん使ってみてくださいませ。

木のカッティングボード盛付け

木の種類により、木目の味も様々です。

・樺(かば) 適度な重みがあり硬く、傷がつきにくい木。上品な風合いで食卓にも合わせやすいです。樺のみ、丸型(写真左上)もあります。
樺の木のカッティングボード 四角
樺の木のカッティングボード 丸

・胡桃(くるみ) 木の皮つき。軽くて、反りにくい木。優しい女性的な印象の木です。

お手入れ
自然原料の天然オイル塗装を施しています。食器などに使用可能なオイル塗装ですので、安心してお使い頂けます。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬すぎないブラシや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。?急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
木の皮を残している面により、縦横サイズが一点一点微妙に異なります

胡桃(くるみ)(天然オイル仕上げ) ロシア材

 

横30cm×縦20cm×厚さ2.4cm

木の皮付き 木をそのまま感じさせるカッティングボード

くるみの木のカッティングボード盛付け

木の皮をそのまま残した、1枚板の胡桃(くるみ)の木のカッティングボード。長辺の側面1面を、木の皮をそのまま残してあり、木の皮に沿った形になります。

くるみの木の、独特のやわらかく濃い色味と、そのまま残された木の皮が、荒々しくならずに木の存在感を出しています。軽い樹種ですので、出し入れも楽なのが嬉しいところ。女性的な雰囲気のある木です。

見た目は四角でシンプルですが、家具職人による精巧な加工と仕上げです。木の力を感じさせる綺麗な木目と艶は、木工家具を専門に製作する職人ならでは。指物の技術で作られるオーダーの家具に用いられる良い材と、確かな技術の木取りで、シンプルながらも、特別な一枚に仕上がりました。

天然オイル塗装仕上げにより、木は呼吸を続けていて、木の力を感じさせます。

くるみの木のカッティングボード

素材感がありながらも、素朴すぎず、木を切り出した感じを受けないのは、その精巧なカッティングと仕上げにあります。カッティングは、側面は微妙に内向きに斜めに削り出しています。これにより、持ち上げるときに手を引っかけられて取手の代わりになり、シンプルな形ながらもストレスなく使えます。同時に、見た目の重さも軽くなるのです。

丁寧な仕上げにより、表面は撫でたくなるような美しい仕上がり。

カッティングボードというシンプルなものだからこそ、素材の質、細部のデザイン、加工と仕上げの技術と丁寧さが際立ちます。

使い込むと、だんだんと色濃く、良い味が出てきます。毎日使い続けるのが楽しみなカッティングボードです。

まな板としてはもちろん、そのまま器として食卓でもお使いいただきたいです。

木の皮カッティングボード

木の皮が残してあります。

木の皮の色は個体差がありますが、木そのものを感じられます。木の皮は、濃いもの、薄いもの様々です。ご希望がありましたら、ご注文時備考欄にてメッセージをくださいませ。在庫の範囲内でご希望に近いものをお選び致します。

カッティングボードまな板として

樹種は異なります(写真は廃番の栗の木です)が、同じサイズですので、大きさの参考に。

サイズは、20×30cm。四角のため、まな板としてキッチンの中でも使いやすい形とサイズです。

カッティングボード盛付け

食材を切るだけでなく、ボードとして器のように盛付けいただけます。

木の厚みもあるので、このようなボリュームあるメイン料理が映えます。パーティーシーンのような人が集まる食卓だけでなく、日常のお食事でもたくさん使ってみてくださいませ。

木のカッティングボード盛付け

木の種類により、木目の味も様々です。

・樺(かば) 適度な重みがあり硬く、傷がつきにくい木。上品な風合いで食卓にも合わせやすいです。樺のみ、丸型(写真左上)もあります。
樺の木のカッティングボード 四角
樺の木のカッティングボード 丸

・胡桃(くるみ) 木の皮つき。軽くて、反りにくい木。優しい女性的な印象の木です。

お手入れ
自然原料の天然オイル塗装を施しています。食器などに使用可能なオイル塗装ですので、安心してお使い頂けます。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取り、陰干ししてください。
水に浸けたり、濡れたままで放置することはお避けください。
洗剤は問題なくご使用いただけます。硬すぎないブラシや、スポンジ洗いしていただいて大丈夫です。
電子レンジや食器乾燥機の使用はお避け下さい。?急な温度変化で大きな反りが生じたり、割れる可能性があります。また、直射日光に当てることもできるだけ避けてください。やはり反りや割れが生じることがあります。
天然の無垢材を使用していますので、色や木目は一点一点異なります。ご了承くださいませ。
木の皮を残している面により、縦横サイズが一点一点微妙に異なります