商品情報にスキップ
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
  • MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex
1 / 11

MITTAN / OCガラ紡ジャケット 炭 JK-07 / unisex

通常価格 ¥45,100 (税込)
通常価格 (税込)セール価格 ¥45,100 (税込)
SALE SOLD OUT

サイズ別在庫数: 2 - 1   3 - 0  

 

ギフトラッピングを利用する

「現代の民族服」をコンセプトに製作をするMITTAN。 

糸や生地の素材、染めの探求、作り方と届け方、お直しや染め直し。服作りや在り方を見つめ、一貫した思いで服作りをするブランドです。服も細部まで妥協のない作りで、道具のように、長く付き合える服を作っています。

オーガニックコットンの落ち綿を混ぜた綿を、ガラ紡で紡績した糸を緯糸に、屑繭等、絹の製糸に使用できない部分を再度紡績した絹紡紬糸を経糸に使用して、旧式のションヘル織機で山型の斜文組織柄に織ったオリジナル生地。MITTANの人気定番型です。使っている素材と、ションヘル織機ならではの生地で、手織りのような柔らかく風合いある生地をそのまま羽織っているような服。

生地耳を衿端にそのまま使用していて、身頃部分も生地が斜め使いになっているため、体に馴染み、着心地良く、動きやすさも。襟は折ってもそのまま立たせても着られて、リバーシブルでも(裏側は、切りっぱなしの房が出て表情がまた変わります)。裏地もないため、袖を折り返しても着用できます。 

こちらの色は、炭染め。生地が絹と綿が混ざっているため、製品染めしたときのそれぞれの糸の染まり方が異なることもあり、染めの表情豊かな色味になっています。

製品の詳細と背景につきましては、以下のMITTANのホームページをご覧ください。
https://mittan.asia/JK-07/

MITTANの服は1シーズンではなく、長く、生地が擦り切れそうになっても尚着続ける事を前提にデザインされ、修繕対応を行っています。お直しの詳細は、こちらをご覧ください。
http://mittan.asia/repair/

 

【素材】
綿55% 絹45%

【カラー】

【サイズ】
2:身幅52 着丈68(襟付け根から裾まで) 襟丈(襟中央から袖口まで)79cm
3:身幅53.5 着丈74(襟付け根から裾まで) 襟丈(襟中央から袖口まで)86cm

*モデル身長160cm 炭・藍×胡桃 サイズ2着用
*記載されていないサイズは、在庫はありませんがメーカー在庫を確認し、取寄せ手配いたします。お気軽にお問い合わせください。

*生地の性質上、多少の個体差があります。また、別色の染色は、染めが入り多少サイズ感が異なります。各ページの実寸サイズは、実在庫を計測しておりますので参照ください。

*店主は男性178cm細身で、サイズ3を着用しています。

【取扱い・お手入れ】
※生地の端が切り放しの仕様になっています。使用する度に生地端が解れますが、気になるようでしたら都度ハサミでカットしてください。処理にお困りになりましたらご相談ください。

紀州備長炭と顔料による染色の為、自然のムラ感があります。色移りを避ける為、淡色のものとの組み合わせは避け、必ず単独洗いしてください。色移りは使用により落ち着きます。製品染めの為、1点1点、色の出方やサイズが微妙に異なります。

https://mittan.asia/JK-07/

より、洗濯表記を含む詳細をご覧いただけます。 

  

*よくあるご質問・補足コメント*

・同型の色展開一覧は、紹介文冒頭上の #商品名 よりご覧いただけます。

・ロング丈の OCガラ紡ロングジャケット JK-03 もございます。

 

MITTAN>

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

・生産背景
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

・社会的責任
2013年のブランド設立当初から続けている修繕・染め直し、及び継続的な定番品の展開は大量廃棄を前提とした生産構造に対する弊社なりの反抗で、ブランドを設立した大きな意義となっています。
また多方面より背景を伝え続けることで、精神的にも物理的にも遠くへ行ってしまった服をより身近な存在に取り戻し、継続的な着用に繋げていきます。

(MITTANのwebサイトより転載)http://mittan.asia/about/

MITTANとの出会いとブランドについては、こちらをご覧ください。