コレクション: 木間服装製作

木間さんがデザイン、パターン、縫製まで全て一人で手がけています。
京都を拠点として、元々はイベントで受注するオーダーメイドを中心として、一着ずつ製作をされていました。PINTの京都店でもイベントを重ねて、ベースとなる型(今ご紹介しているラインナップ)があまりに良く、定番として取扱うことになりました。
コートやパンツなど、洋服の基本的な服が多いにも関わらず、ほとんどがユニセックス1サイズ展開(シャツのみ2サイズ)。もちろんワイドシルエットの着用となりますが、本当に良くバランスが取られてあり、木間さん自身やPINT店主のように180cm前後の男性から小柄な女性まで同じサイズを無理な感じなく着ることができ、着る人に沿ったシルエットと空気感が生まれます。
マリリンモンローが着るフライトジャケットの写真が、一つのイメージソースになっているそうです。女性が大きめに着ることを前提にした1サイズ展開の服で、上手く実現されています。
全て手縫いのボタンホール、手刺繍のシリアルナンバー、トップスの袖口のカフスボタンなど、ディティールもお楽しみくださいませ。
木間服装製作