【受注製作】MITTAN×PINT / 端切れパッチワーク / OCガラ紡 / 130×130cm

販売価格
27,500円(税込)
購入数

綿55% 絹45%

カラー |生成り

 

サイズ |約130×130cm
*端切れを無駄なく使うため、サイズには多少のばらつきがあります。

*受注後製作いたします。1ヶ月ほどお時間をいただきます。

MITTANの服の端切れの大判パッチワーク

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

「現代の民族服」をコンセプトに製作をするMITTAN。

糸や生地の素材、染めの探求、作り方と届け方、お直しや染め直し。服作りや在り方を見つめ、一貫した思いで服作りをするブランドです。服も細部まで妥協のない作りで、道具のように、長く付き合える服を作っています。

MITTANとPINTで、「現代の民族衣装」「現代の民具」「道具として適した素材使い」「定番的なものづくり」など思いや考えが重なる部分が多く、何か一緒に取組みができたらという思いから生まれた製品です。

服を作るときにどうしても出る端切れ。MITTANでは元々、残布をパッチワークにして、ストールやミニタオルなどを作っていました。この作り方と残布を共有いただき、インテリアシーンで使っていただけるサイズとパッチワークパターンのイメージで、PINTで裁断、縫製をして製作しています。裁断も端切れに合わせて手作業ですので、生地の個体差による表情の違い、生地の向きや、端切れサイズの違いもあり、個体差も大きく一点一点違います。

こちらのガラ紡生地は、オーガニックコットンの落ち綿を混ぜた綿を、ガラ紡で紡績した糸を緯糸に、屑繭等、絹の製糸に使用できない部分を再度紡績した絹紡紬糸を経糸に使用して、​ションヘル織機で山型の斜文組織柄に織ったオリジナル生地。ジャケットやコートに使っている、MITTANの中でも人気の定番生地です。

 

服の製作時に出た端切れを裁断して、ブロック状に配したパッチワークパターン。綿麻生地と似ていますが、ガラ紡バージョンはときどき、台形や三角形を接いだパーツが入っています。大きさは、おおよそ130cm×130cm。サイズには多少のばらつきがあります。裁ちっぱなしの生地を縫製していて、端も同じくそのまま。縫製箇所で摩擦が生じると、しばらくの間は糸が落ちますので、ご注意ください。

 

厚みもあり、糸素材の柔らかさも感じられる生地。ソファなどに掛けたり、敷くにも良さそうです。(吊るすには少し重いかもしれませんので、吊るし方など調整、加減しながらお試しください。)自由にお使いください。

生地はいくつか種類があります。作る服によって端切れの大きさも形もばらばらで、生地の残りを少なくするように裁断しているので、生地ごとにパッチワークパターンは変えています。
端切れパッチワーク(MITTAN×PINT)一覧

 
MITTANミッタンミタン

【MITTAN】

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

・生産背景
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

・社会的責任
2013年のブランド設立当初から続けている修繕・染め直し、及び継続的な定番品の展開は大量廃棄を前提とした生産構造に対する弊社なりの反抗で、ブランドを設立した大きな意義となっています。
また多方面より背景を伝え続けることで、精神的にも物理的にも遠くへ行ってしまった服をより身近な存在に取り戻し、継続的な着用に繋げていきます。

(MITTANのwebサイトより転載)http://mittan.asia/about/

 

MITTAN商品一覧ページ

MITTANとの出会いとブランドについては、こちらをご覧ください。

お手入れ

-

受注製作品・予約品のお届け日程予定→最新状況一覧

15,000円以上(ネコポスは10,000円)のご注文で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

綿55% 絹45%

カラー |生成り

 

サイズ |約130×130cm
*端切れを無駄なく使うため、サイズには多少のばらつきがあります。

*受注後製作いたします。1ヶ月ほどお時間をいただきます。

MITTANの服の端切れの大判パッチワーク

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

「現代の民族服」をコンセプトに製作をするMITTAN。

糸や生地の素材、染めの探求、作り方と届け方、お直しや染め直し。服作りや在り方を見つめ、一貫した思いで服作りをするブランドです。服も細部まで妥協のない作りで、道具のように、長く付き合える服を作っています。

MITTANとPINTで、「現代の民族衣装」「現代の民具」「道具として適した素材使い」「定番的なものづくり」など思いや考えが重なる部分が多く、何か一緒に取組みができたらという思いから生まれた製品です。

服を作るときにどうしても出る端切れ。MITTANでは元々、残布をパッチワークにして、ストールやミニタオルなどを作っていました。この作り方と残布を共有いただき、インテリアシーンで使っていただけるサイズとパッチワークパターンのイメージで、PINTで裁断、縫製をして製作しています。裁断も端切れに合わせて手作業ですので、生地の個体差による表情の違い、生地の向きや、端切れサイズの違いもあり、個体差も大きく一点一点違います。

こちらのガラ紡生地は、オーガニックコットンの落ち綿を混ぜた綿を、ガラ紡で紡績した糸を緯糸に、屑繭等、絹の製糸に使用できない部分を再度紡績した絹紡紬糸を経糸に使用して、​ションヘル織機で山型の斜文組織柄に織ったオリジナル生地。ジャケットやコートに使っている、MITTANの中でも人気の定番生地です。

 

服の製作時に出た端切れを裁断して、ブロック状に配したパッチワークパターン。綿麻生地と似ていますが、ガラ紡バージョンはときどき、台形や三角形を接いだパーツが入っています。大きさは、おおよそ130cm×130cm。サイズには多少のばらつきがあります。裁ちっぱなしの生地を縫製していて、端も同じくそのまま。縫製箇所で摩擦が生じると、しばらくの間は糸が落ちますので、ご注意ください。

 

厚みもあり、糸素材の柔らかさも感じられる生地。ソファなどに掛けたり、敷くにも良さそうです。(吊るすには少し重いかもしれませんので、吊るし方など調整、加減しながらお試しください。)自由にお使いください。

生地はいくつか種類があります。作る服によって端切れの大きさも形もばらばらで、生地の残りを少なくするように裁断しているので、生地ごとにパッチワークパターンは変えています。
端切れパッチワーク(MITTAN×PINT)一覧

 
MITTANミッタンミタン

【MITTAN】

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

・生産背景
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

・社会的責任
2013年のブランド設立当初から続けている修繕・染め直し、及び継続的な定番品の展開は大量廃棄を前提とした生産構造に対する弊社なりの反抗で、ブランドを設立した大きな意義となっています。
また多方面より背景を伝え続けることで、精神的にも物理的にも遠くへ行ってしまった服をより身近な存在に取り戻し、継続的な着用に繋げていきます。

(MITTANのwebサイトより転載)http://mittan.asia/about/

 

MITTAN商品一覧ページ

MITTANとの出会いとブランドについては、こちらをご覧ください。

お手入れ

STORY

綿55% 絹45%

カラー |生成り

 

サイズ |約130×130cm
*端切れを無駄なく使うため、サイズには多少のばらつきがあります。

*受注後製作いたします。1ヶ月ほどお時間をいただきます。

MITTANの服の端切れの大判パッチワーク

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

「現代の民族服」をコンセプトに製作をするMITTAN。

糸や生地の素材、染めの探求、作り方と届け方、お直しや染め直し。服作りや在り方を見つめ、一貫した思いで服作りをするブランドです。服も細部まで妥協のない作りで、道具のように、長く付き合える服を作っています。

MITTANとPINTで、「現代の民族衣装」「現代の民具」「道具として適した素材使い」「定番的なものづくり」など思いや考えが重なる部分が多く、何か一緒に取組みができたらという思いから生まれた製品です。

服を作るときにどうしても出る端切れ。MITTANでは元々、残布をパッチワークにして、ストールやミニタオルなどを作っていました。この作り方と残布を共有いただき、インテリアシーンで使っていただけるサイズとパッチワークパターンのイメージで、PINTで裁断、縫製をして製作しています。裁断も端切れに合わせて手作業ですので、生地の個体差による表情の違い、生地の向きや、端切れサイズの違いもあり、個体差も大きく一点一点違います。

こちらのガラ紡生地は、オーガニックコットンの落ち綿を混ぜた綿を、ガラ紡で紡績した糸を緯糸に、屑繭等、絹の製糸に使用できない部分を再度紡績した絹紡紬糸を経糸に使用して、​ションヘル織機で山型の斜文組織柄に織ったオリジナル生地。ジャケットやコートに使っている、MITTANの中でも人気の定番生地です。

 

服の製作時に出た端切れを裁断して、ブロック状に配したパッチワークパターン。綿麻生地と似ていますが、ガラ紡バージョンはときどき、台形や三角形を接いだパーツが入っています。大きさは、おおよそ130cm×130cm。サイズには多少のばらつきがあります。裁ちっぱなしの生地を縫製していて、端も同じくそのまま。縫製箇所で摩擦が生じると、しばらくの間は糸が落ちますので、ご注意ください。

 

厚みもあり、糸素材の柔らかさも感じられる生地。ソファなどに掛けたり、敷くにも良さそうです。(吊るすには少し重いかもしれませんので、吊るし方など調整、加減しながらお試しください。)自由にお使いください。

生地はいくつか種類があります。作る服によって端切れの大きさも形もばらばらで、生地の残りを少なくするように裁断しているので、生地ごとにパッチワークパターンは変えています。
端切れパッチワーク(MITTAN×PINT)一覧

 
MITTANミッタンミタン

【MITTAN】

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

・生産背景
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

・社会的責任
2013年のブランド設立当初から続けている修繕・染め直し、及び継続的な定番品の展開は大量廃棄を前提とした生産構造に対する弊社なりの反抗で、ブランドを設立した大きな意義となっています。
また多方面より背景を伝え続けることで、精神的にも物理的にも遠くへ行ってしまった服をより身近な存在に取り戻し、継続的な着用に繋げていきます。

(MITTANのwebサイトより転載)http://mittan.asia/about/

 

MITTAN商品一覧ページ

MITTANとの出会いとブランドについては、こちらをご覧ください。

お手入れ

綿55% 絹45%

カラー |生成り

 

サイズ |約130×130cm
*端切れを無駄なく使うため、サイズには多少のばらつきがあります。

*受注後製作いたします。1ヶ月ほどお時間をいただきます。

MITTANの服の端切れの大判パッチワーク

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

MITTAN端切れパッチワークPINT端切れパッチワーク大判布OCガラ紡

「現代の民族服」をコンセプトに製作をするMITTAN。

糸や生地の素材、染めの探求、作り方と届け方、お直しや染め直し。服作りや在り方を見つめ、一貫した思いで服作りをするブランドです。服も細部まで妥協のない作りで、道具のように、長く付き合える服を作っています。

MITTANとPINTで、「現代の民族衣装」「現代の民具」「道具として適した素材使い」「定番的なものづくり」など思いや考えが重なる部分が多く、何か一緒に取組みができたらという思いから生まれた製品です。

服を作るときにどうしても出る端切れ。MITTANでは元々、残布をパッチワークにして、ストールやミニタオルなどを作っていました。この作り方と残布を共有いただき、インテリアシーンで使っていただけるサイズとパッチワークパターンのイメージで、PINTで裁断、縫製をして製作しています。裁断も端切れに合わせて手作業ですので、生地の個体差による表情の違い、生地の向きや、端切れサイズの違いもあり、個体差も大きく一点一点違います。

こちらのガラ紡生地は、オーガニックコットンの落ち綿を混ぜた綿を、ガラ紡で紡績した糸を緯糸に、屑繭等、絹の製糸に使用できない部分を再度紡績した絹紡紬糸を経糸に使用して、​ションヘル織機で山型の斜文組織柄に織ったオリジナル生地。ジャケットやコートに使っている、MITTANの中でも人気の定番生地です。

 

服の製作時に出た端切れを裁断して、ブロック状に配したパッチワークパターン。綿麻生地と似ていますが、ガラ紡バージョンはときどき、台形や三角形を接いだパーツが入っています。大きさは、おおよそ130cm×130cm。サイズには多少のばらつきがあります。裁ちっぱなしの生地を縫製していて、端も同じくそのまま。縫製箇所で摩擦が生じると、しばらくの間は糸が落ちますので、ご注意ください。

 

厚みもあり、糸素材の柔らかさも感じられる生地。ソファなどに掛けたり、敷くにも良さそうです。(吊るすには少し重いかもしれませんので、吊るし方など調整、加減しながらお試しください。)自由にお使いください。

生地はいくつか種類があります。作る服によって端切れの大きさも形もばらばらで、生地の残りを少なくするように裁断しているので、生地ごとにパッチワークパターンは変えています。
端切れパッチワーク(MITTAN×PINT)一覧

 
MITTANミッタンミタン

【MITTAN】

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

・生産背景
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

・社会的責任
2013年のブランド設立当初から続けている修繕・染め直し、及び継続的な定番品の展開は大量廃棄を前提とした生産構造に対する弊社なりの反抗で、ブランドを設立した大きな意義となっています。
また多方面より背景を伝え続けることで、精神的にも物理的にも遠くへ行ってしまった服をより身近な存在に取り戻し、継続的な着用に繋げていきます。

(MITTANのwebサイトより転載)http://mittan.asia/about/

 

MITTAN商品一覧ページ

MITTANとの出会いとブランドについては、こちらをご覧ください。

お手入れ

関連

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 |