竹箸 拭き漆 白竹|2サイズ

販売価格
2,350円(税込)
サイズ
購入数

竹(拭き漆仕上げ) 国産材

22.5cm / 24cm
太さ:箸先1.8mm 後端8mm

専用箱入り

白竹の拭き漆箸

京都竹箸竹の箸2サイズ

京都竹箸竹の箸

竹のしなやかな強さを活かした細い箸。京都・長岡京の竹を竹林から育て、仕上げは拭き漆です。

ずっと、細くて軽く、口に触れるものなので本体も仕上げも天然の素材のお箸を探していました。木のお箸だと、形が太くぼてっとしたものになりがちでした。細くしすぎると、反りの可能性が出てきたり、固く重い木を使う必要があり、やはり持ちやすいものではありませんでした。価格も高くなります。漆塗りのお箸は、本塗りの箸ですと体積の半分以上が漆のものもあります。そうすると、これも重くなります。

こうして探し続けて、竹のお箸に辿り着きました。竹は、強くしなやかな素材です。繊維の方向に沿って非常に細く割ることができます。また、特有のしなりがあるため、食べ物も取りやすいです。

京都の職人が、長岡京で竹林から育てた竹を、伐採後長い期間の天日干しで乾燥させ、削り、拭き漆仕上げをして作っています。

四角の形ですが、箸先にゆくにつれ、木では難しいほどの細さに。角部分は面取りされ、持っていてもごつごつとした感じはありません。

素材段階で十分な乾燥を行い、製材し割った後にも、熱を与えながら乾燥を行います。お箸一膳は、必ず製材時に隣り合ったものをペアとして使います。温湿度の環境により動きが生じた場合にも、同じ方向に動き使用への支障を軽減するためです。熱を与える工程など、製作中に反りが出ることもあるため、そうするともう片方も箸としての製作からは外します。負担の大きな選別と作業ですが、こうすることで、箸先もぴったりと合って美しく、長く使える一膳のお箸になります。

こうして作られた箸に、最後に拭き漆仕上げを行ない、漆の色と混ざり深い艶と色合いに。拭き漆にすることで、水や油への耐性は強まり、塗り無しよりも取り扱いはぐんと楽になります。

竹と漆というシンプルな天然の素材のみ。安心してお使いください。

特に箸先が細く、軽いのが特長です。四角のお箸は転がらないのも嬉しいところ。また、竹ならではのしなりがあるため、お豆腐など柔らかいものや、小さなお豆なども取りやすいです。

細い竹箸京都拭き漆

「白竹」「燻し煤竹」の2種類
「22.5cm」「24cm」の2サイズ
があります。

白竹は、竹の表皮を残して仕上げています。この表皮部分は水や油分を弾く性質があり、4面のうち1面だけは竹の表皮の色のままで薄いです。
燻し煤竹は、燻した竹を使っています。白竹と異なり、表皮は残さず4面とも同じように削ってあるため、色は4面全て同じです。

一般的な目安として、22.5cmは女性用、24cmは男性用とも言われることもありますが、お好みでお選び下さい。写真で持っているのは22.5cmサイズです。

鉄の箸置き

この細い竹箸に合わせて作った、鉄の箸置き

お手入れ
普段使いの範囲内では強度に問題はありませんが、強い負荷や重さがかかる際はお気をつけ下さい。
浸け置き洗いはお避けください。
硬いブラシで洗うことはお避けください。漆の塗装が削れることがあります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
長時間、直射日光に当てることはできるだけ避けてください。反りや割れが生じることがあります。

-

受注製作品・予約品のお届け日程予定→最新状況一覧

15,000円以上(ネコポスは10,000円)のご注文で送料無料

ご注文・配送・返品等について

ギフトラッピング(有料)について

竹(拭き漆仕上げ) 国産材

22.5cm / 24cm
太さ:箸先1.8mm 後端8mm

専用箱入り

白竹の拭き漆箸

京都竹箸竹の箸2サイズ

京都竹箸竹の箸

竹のしなやかな強さを活かした細い箸。京都・長岡京の竹を竹林から育て、仕上げは拭き漆です。

ずっと、細くて軽く、口に触れるものなので本体も仕上げも天然の素材のお箸を探していました。木のお箸だと、形が太くぼてっとしたものになりがちでした。細くしすぎると、反りの可能性が出てきたり、固く重い木を使う必要があり、やはり持ちやすいものではありませんでした。価格も高くなります。漆塗りのお箸は、本塗りの箸ですと体積の半分以上が漆のものもあります。そうすると、これも重くなります。

こうして探し続けて、竹のお箸に辿り着きました。竹は、強くしなやかな素材です。繊維の方向に沿って非常に細く割ることができます。また、特有のしなりがあるため、食べ物も取りやすいです。

京都の職人が、長岡京で竹林から育てた竹を、伐採後長い期間の天日干しで乾燥させ、削り、拭き漆仕上げをして作っています。

四角の形ですが、箸先にゆくにつれ、木では難しいほどの細さに。角部分は面取りされ、持っていてもごつごつとした感じはありません。

素材段階で十分な乾燥を行い、製材し割った後にも、熱を与えながら乾燥を行います。お箸一膳は、必ず製材時に隣り合ったものをペアとして使います。温湿度の環境により動きが生じた場合にも、同じ方向に動き使用への支障を軽減するためです。熱を与える工程など、製作中に反りが出ることもあるため、そうするともう片方も箸としての製作からは外します。負担の大きな選別と作業ですが、こうすることで、箸先もぴったりと合って美しく、長く使える一膳のお箸になります。

こうして作られた箸に、最後に拭き漆仕上げを行ない、漆の色と混ざり深い艶と色合いに。拭き漆にすることで、水や油への耐性は強まり、塗り無しよりも取り扱いはぐんと楽になります。

竹と漆というシンプルな天然の素材のみ。安心してお使いください。

特に箸先が細く、軽いのが特長です。四角のお箸は転がらないのも嬉しいところ。また、竹ならではのしなりがあるため、お豆腐など柔らかいものや、小さなお豆なども取りやすいです。

細い竹箸京都拭き漆

「白竹」「燻し煤竹」の2種類
「22.5cm」「24cm」の2サイズ
があります。

白竹は、竹の表皮を残して仕上げています。この表皮部分は水や油分を弾く性質があり、4面のうち1面だけは竹の表皮の色のままで薄いです。
燻し煤竹は、燻した竹を使っています。白竹と異なり、表皮は残さず4面とも同じように削ってあるため、色は4面全て同じです。

一般的な目安として、22.5cmは女性用、24cmは男性用とも言われることもありますが、お好みでお選び下さい。写真で持っているのは22.5cmサイズです。

鉄の箸置き

この細い竹箸に合わせて作った、鉄の箸置き

お手入れ
普段使いの範囲内では強度に問題はありませんが、強い負荷や重さがかかる際はお気をつけ下さい。
浸け置き洗いはお避けください。
硬いブラシで洗うことはお避けください。漆の塗装が削れることがあります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
長時間、直射日光に当てることはできるだけ避けてください。反りや割れが生じることがあります。

STORY

竹(拭き漆仕上げ) 国産材

22.5cm / 24cm
太さ:箸先1.8mm 後端8mm

専用箱入り

白竹の拭き漆箸

京都竹箸竹の箸2サイズ

京都竹箸竹の箸

竹のしなやかな強さを活かした細い箸。京都・長岡京の竹を竹林から育て、仕上げは拭き漆です。

ずっと、細くて軽く、口に触れるものなので本体も仕上げも天然の素材のお箸を探していました。木のお箸だと、形が太くぼてっとしたものになりがちでした。細くしすぎると、反りの可能性が出てきたり、固く重い木を使う必要があり、やはり持ちやすいものではありませんでした。価格も高くなります。漆塗りのお箸は、本塗りの箸ですと体積の半分以上が漆のものもあります。そうすると、これも重くなります。

こうして探し続けて、竹のお箸に辿り着きました。竹は、強くしなやかな素材です。繊維の方向に沿って非常に細く割ることができます。また、特有のしなりがあるため、食べ物も取りやすいです。

京都の職人が、長岡京で竹林から育てた竹を、伐採後長い期間の天日干しで乾燥させ、削り、拭き漆仕上げをして作っています。

四角の形ですが、箸先にゆくにつれ、木では難しいほどの細さに。角部分は面取りされ、持っていてもごつごつとした感じはありません。

素材段階で十分な乾燥を行い、製材し割った後にも、熱を与えながら乾燥を行います。お箸一膳は、必ず製材時に隣り合ったものをペアとして使います。温湿度の環境により動きが生じた場合にも、同じ方向に動き使用への支障を軽減するためです。熱を与える工程など、製作中に反りが出ることもあるため、そうするともう片方も箸としての製作からは外します。負担の大きな選別と作業ですが、こうすることで、箸先もぴったりと合って美しく、長く使える一膳のお箸になります。

こうして作られた箸に、最後に拭き漆仕上げを行ない、漆の色と混ざり深い艶と色合いに。拭き漆にすることで、水や油への耐性は強まり、塗り無しよりも取り扱いはぐんと楽になります。

竹と漆というシンプルな天然の素材のみ。安心してお使いください。

特に箸先が細く、軽いのが特長です。四角のお箸は転がらないのも嬉しいところ。また、竹ならではのしなりがあるため、お豆腐など柔らかいものや、小さなお豆なども取りやすいです。

細い竹箸京都拭き漆

「白竹」「燻し煤竹」の2種類
「22.5cm」「24cm」の2サイズ
があります。

白竹は、竹の表皮を残して仕上げています。この表皮部分は水や油分を弾く性質があり、4面のうち1面だけは竹の表皮の色のままで薄いです。
燻し煤竹は、燻した竹を使っています。白竹と異なり、表皮は残さず4面とも同じように削ってあるため、色は4面全て同じです。

一般的な目安として、22.5cmは女性用、24cmは男性用とも言われることもありますが、お好みでお選び下さい。写真で持っているのは22.5cmサイズです。

鉄の箸置き

この細い竹箸に合わせて作った、鉄の箸置き

お手入れ
普段使いの範囲内では強度に問題はありませんが、強い負荷や重さがかかる際はお気をつけ下さい。
浸け置き洗いはお避けください。
硬いブラシで洗うことはお避けください。漆の塗装が削れることがあります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
長時間、直射日光に当てることはできるだけ避けてください。反りや割れが生じることがあります。

竹(拭き漆仕上げ) 国産材

22.5cm / 24cm
太さ:箸先1.8mm 後端8mm

専用箱入り

白竹の拭き漆箸

京都竹箸竹の箸2サイズ

京都竹箸竹の箸

竹のしなやかな強さを活かした細い箸。京都・長岡京の竹を竹林から育て、仕上げは拭き漆です。

ずっと、細くて軽く、口に触れるものなので本体も仕上げも天然の素材のお箸を探していました。木のお箸だと、形が太くぼてっとしたものになりがちでした。細くしすぎると、反りの可能性が出てきたり、固く重い木を使う必要があり、やはり持ちやすいものではありませんでした。価格も高くなります。漆塗りのお箸は、本塗りの箸ですと体積の半分以上が漆のものもあります。そうすると、これも重くなります。

こうして探し続けて、竹のお箸に辿り着きました。竹は、強くしなやかな素材です。繊維の方向に沿って非常に細く割ることができます。また、特有のしなりがあるため、食べ物も取りやすいです。

京都の職人が、長岡京で竹林から育てた竹を、伐採後長い期間の天日干しで乾燥させ、削り、拭き漆仕上げをして作っています。

四角の形ですが、箸先にゆくにつれ、木では難しいほどの細さに。角部分は面取りされ、持っていてもごつごつとした感じはありません。

素材段階で十分な乾燥を行い、製材し割った後にも、熱を与えながら乾燥を行います。お箸一膳は、必ず製材時に隣り合ったものをペアとして使います。温湿度の環境により動きが生じた場合にも、同じ方向に動き使用への支障を軽減するためです。熱を与える工程など、製作中に反りが出ることもあるため、そうするともう片方も箸としての製作からは外します。負担の大きな選別と作業ですが、こうすることで、箸先もぴったりと合って美しく、長く使える一膳のお箸になります。

こうして作られた箸に、最後に拭き漆仕上げを行ない、漆の色と混ざり深い艶と色合いに。拭き漆にすることで、水や油への耐性は強まり、塗り無しよりも取り扱いはぐんと楽になります。

竹と漆というシンプルな天然の素材のみ。安心してお使いください。

特に箸先が細く、軽いのが特長です。四角のお箸は転がらないのも嬉しいところ。また、竹ならではのしなりがあるため、お豆腐など柔らかいものや、小さなお豆なども取りやすいです。

細い竹箸京都拭き漆

「白竹」「燻し煤竹」の2種類
「22.5cm」「24cm」の2サイズ
があります。

白竹は、竹の表皮を残して仕上げています。この表皮部分は水や油分を弾く性質があり、4面のうち1面だけは竹の表皮の色のままで薄いです。
燻し煤竹は、燻した竹を使っています。白竹と異なり、表皮は残さず4面とも同じように削ってあるため、色は4面全て同じです。

一般的な目安として、22.5cmは女性用、24cmは男性用とも言われることもありますが、お好みでお選び下さい。写真で持っているのは22.5cmサイズです。

鉄の箸置き

この細い竹箸に合わせて作った、鉄の箸置き

お手入れ
普段使いの範囲内では強度に問題はありませんが、強い負荷や重さがかかる際はお気をつけ下さい。
浸け置き洗いはお避けください。
硬いブラシで洗うことはお避けください。漆の塗装が削れることがあります。
水洗いした後には、ふきんなどで水分を拭き取ってください。
長時間、直射日光に当てることはできるだけ避けてください。反りや割れが生じることがあります。

関連

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 | 

 |